Love&Peace 気楽にいこうぜブラザー♪
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 機動戦士ガンダムUC ep6「宇宙と地球と」
2014年05月29日 (木) | 編集 |
テレ東さんの放送で観ました。
CMも最小限で気にならず、テレ東ありがとう!という気分(*´∀`*)

当然ep1から観直した。
1~3,5で再び泣いたが6は泣かなかった。
ep4が「種まき」今作は「収穫」になるんかな~。


ep1は人物や設定の紹介とガンダムのお披露目。
ep2は赤い彗星の再来、フル・フロンタルのお披露目。
ep3は物語の背景だったり思想だったり、そんで最初のクライマックス。
ep4は盛り上がりきっちゃったストーリーを再度構築する種まきだったかと。
ep5で二度目のクライマックス。マリーダさんの涙が片目だけなのが改めて観ると最高♪

まあ全話クライマックスなんですが(笑)
個人的にはep4と今回の6は「泣かなかった」という部分で他のエピソードとは違ったw


「収穫」と表現しましたが、
バナージの意思決定に対する葛藤はここまで突っ込んで描いてる。
オードリーもリディもダグザさんも、マリーダさんも「なぜ戦うのか?」について描かれてる。

ep6ではもっと大きな事情や理由についての説明だった感じ。
連邦や袖付きがどうしたいのか?どうするつもりなのか?
特にフル大佐の思惑について長く描写されてる。

その大佐の話を聞いた上でのバナージとオードリーの決断。
覚悟が決まって「さあ!最終決戦!」というのがep6だったのかな~って。

散らばっていた人々の想いを拾い上げてまとめてるイメージでした。
長くてデカい物語ですので必要な部分ですが、派手な戦闘が少なく物足りん(笑)


アンジェロの出番が多かった♪
なんだかんだで憎めない男である
彼の事情も最終話で語られて欲しいと思ってる。

マリーダさんとオードリーの関係が良かった♪
ep1から終始一貫、この二人の主従関係はブレない。

姉妹に似てるかな?
どっちも頑張り屋さんで姉のマリーダは妹を気遣い、妹のオードリーは姉を奮い立たせる。
バナージはマリーダさんにとって義理の弟かな?オードリーとくっつけばそゆことになる(笑)


ep6、影のテーマは明確だった。
UCのミステリは2つ。「箱の正体」「シャア・アズナブルの生死」

このうちの「フル・フロンタルはシャア・アズナブルなのか?」
ここをフューチャーしてたと思う。

ミネバ・ザビの感じた「オマエはシャアではない」という感覚。
彼女だけがシャアを知ってる。その彼女が覚えた違和感。

大佐自身がところどころで語る、まるでシャアの如き発言。
シャアの経験があって今わたしはフル・フロンタルなのだと言わんばかりの発言。

はてさて、シャアなんですかね?(笑)
原作読んでない方々は最終話楽しみでしょうね♪


次回でいよいよガンダムの終焉。
噂の(笑)『ネオ・ジオング』が出てくるわけだww

そしてついにラプラスの箱とフル・フロンタルの正体が明かされる。
皆さんどう受け取るんでしょうね~w おっちゃんはスゲー良いEDだったと思ってますよ♪



以下、原作ネタバレ



「物足りん」と書きましたが、
なにも派手なドンパチがなかったからってだけではない。

キャプテンの葛藤があまりにも雑に描かれてた(笑)
時間がないのは分かる!ep10まで作れば良かったとか言わない(笑)
にしても、中途半端にクーデター起こした感が否めない。奥深い葛藤だったのにね。

小説読んでたときは「なぜだキャプテン!」と思った。
ジンネマンの気持ちを理解しようと本を読む手を休め、彼の記憶を彷徨ったりもした。
愛する家族を殺され、愛する娘の生まれ変わりを取り戻した直後の彼の気持ち。

福井晴敏さんは随分行数を割いて彼の気持ちを語ってた。
理解に苦しんだシーンであり、最後は納得しただけに、描写の少なさに驚いたww


バナージとマリーダさんのシーンはなかなかでした(*´∀`*)
アイスクリーム屋さんを語るトコは原作読んだとき胸を掻きむしるほど切なかった。
そこまでの感動はなかったけど、まあまあ時間割いてくれてたのは嬉しかったのよ♪

確か最後の出撃直前に、も1度その話が出てきた記憶がある。
UCの主人公はフル大佐であり、ヒロインはマリーダさんだと思ってるおっちゃんとしては!
ぜひともマリーダさん絡みのシーンは原作に忠実に描いて欲しいと思ってます♪


そんでバナージとオードリーのラブラブモードが皆無だったwww
ep7になるんかな?タイミング的にはep6だった気もするんですが・・・・、
なにしろ何年も前に読んだ作品だけに記憶も曖昧だったりする(;´∀`)

好きなんだよ2人のシーンが!
カミーユとフォウのシーンも好きだったのよ!
苦難を乗り越え、やっと一緒になれた2人なんです福井さん!

もっとイチャイチャさせてやってくれww
ビックリするほど素直な少女になっちゃったオードリーを所望する(笑)


ep7はついに謎解きが行われる。
ロニさんと議事堂でアレを目撃するシーンを割愛してるアニメ版。
箱の正体については「なるほど!」って感動が薄れるんじゃないか?って心配してる。

ネオ・ジオングなんて化け物も登場するらしい(笑)
これは原作にはなかったMS・・・・・じゃなくてMAなのか?(;・∀・)

こゆのは大歓迎よね!
映像の部分での変化は嬉しいです♪ 折角の映像化なんですから(*´∀`*)


改めて小説読みたくなってきた今日この頃。
ep7終わったら読み直そうかな~とか考えてます♪
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。