Love&Peace 気楽にいこうぜブラザー♪
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 41のオッサンが頑張って学んだ今時のゲーム事情「近頃のゲーマーの好み編」
2014年05月06日 (火) | 編集 |
前記事の続きです。

プレステ2以来ゲームしてなかった人間から見た最近のゲーム事情、
こんな感じの話になります(笑)



最近のゲームはアクションが主流です。
RPGって記載があっても、ほぼ確実に「アクションRPG」なのです。

手先が不器用な人間や3D酔いする人間には冬の時代。
うん、おっちゃんにとっては無理ゲーです(笑)


ユーザーがアクション性を求めてます。
細かいアクションが出来るゲームはレビュー見ると褒められてる。
アクション苦手な人でも楽しめるっつうのは良い点にはカウントされないようだ( ;∀;)

移動と攻撃までならどうにかなる!
だが防御や回避って動きが加わるともう無理ww (ヾノ・∀・`)ムリムリ
多くのユーザーがアクション性を求める限り、メーカーはそっちを追求する。
やっぱ艦これは異質なタイトルです(笑) よくもこの時代にアレが流行ったと思う(笑)



自由度の高さっつうのもよく取り沙汰される。
おっちゃんすぐ迷子になるので一本道で充分なんですが(;´∀`)

昔のゲームの自由度って「次は西の町を目指すんだけど、実は北の城にも行ける」って程度。
今のゲームは東西南北自由に進めちゃうゲームが多い。その先々にちゃんとしたイベントなんかが用意されてるのがスゴい。

完璧主義者や潔癖症の人間はコレが結構煩わしい(笑)
1コ1コ丁寧に掃除(クリア)していきたいと願うプレイヤーには、あっちにもこっちにもイベントがありまっせーって状態はなんだか落ち着かない(笑)

でも近頃のゲーマーはコレが良いと言う。
脳みそが柔らかいのかキャパが優れてるのか、見事な対応力です♪



PvPも人気ですが、最近は賛否あるみたい。
間違いなく一時は流行ったハズ!

昔PvPをやろうと思えば友達の家に集まって戦うしかなかったわけさ(笑)
それがオンライン上で戦える。出始めた当初は間違いなくPvPあるなしでゲームの評価変わったと思う。

ただPvPが当たり前になると逆の流れも出てくるわけで、
人と争うのに疲れた的なユーザーはいらっしゃる。

おっちゃんの理想はモンスター討伐系かな~。
プレイヤー同士の繋がりは横で、協力してモンスターを倒すみたいな。
縦の繋がり(敵対関係)はやっぱ疲れるかも。マナー悪い人多いしね~。
IXAが完全にPvPだから説得力ないけどねwww


似た話でチャットという存在も。
これも賛否ありそうですが、意外とチャットは充実してるほうが良いとされてる感じ。

交わされる会話の中身はあくまでも別問題で(マナーの悪い人の会話など)、
なんだかんだでオンラインにするからには人との関わりが欲しいというプレイヤーが多い。

若い人はそゆ関わりをメンドーがるのかな~と思ってただけに嬉しい♪
そしてその関わりに混ざりたい(笑) が、肝心のゲームがダメダメだったり(笑)

IXAでは若い人からも構ってもらえます♪
恐らく国内でおっちゃんほどチヤホヤされてる城主もいないw

これはやはり結果も関係してくるわけですよ!
国内1位だからこそみんな遊んでくれるわけですよ!

アクションだとそうはいかない(笑)
アクション全盛の時代は早く終わって欲しい(笑)



物語はオマケのようだ。
良い点として「物語が良い」と書かれてることはある。

が、
例えばシャドウハーツのレビューのように、その物語について熱く語る人は皆無。
オンラインゲームに置いては、「一応」物語は良い感じですよ~程度。あくまでオマケ要素であって、そこを1番に推してる人はいない。

これに関してはおっちゃんもすぐ慣れた。
導入部だけならいろんなRPG触りましたが、感動させるような作品は1つもなかったし、そゆものを求めるのは違うんだな~ってことにすぐ気づいた。

この辺に関しては昔のゲームが圧倒的に優れてる。FF7,10やP3,4、そんでシャドハね♪
でも優れてるっつっても、最近のゲーマーがそこを求めてない以上、優れてなくても良いんだとも思う(笑)



ここ数年でしょうか、最も注目されてるのが「MOBA」というジャンルだとか。
「マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ」の略です。

ウソかホントか全世界7千万人のユーザーを抱えるタイトルも存在する。
大会の賞金はウン億円で、そのゲームのプロ(世間的にも認められた)も存在するらしい。

MOBAってジャンルもそうだし、一部のパーティを組むRPGもそうなんですが、

戦闘時にはロール(役割)というものが確立されてる。
壁役なら敵の攻撃を引きつけるのが仕事であり、ヒーラーなら回復専門で働く。
アタッカーが華でしょうから人気が集まりそうですが、重宝されるのは脇役でしょう。

これはまるでフットボールとか、団体競技スポーツです。
相手の攻撃を一手に引き受けてチームを自由にする壁役は、ツール・ド・フランスでチームのために犠牲になるレーサーのようですし、アメフトのブロッカーのようでもある。

そこに個人のエゴな存在しない、全てはチームのため。
こんなジャンルのゲームが流行るっつうのが非常に興味深い♪
誰もがタイトルロール(主人公)になりたがった時代じゃないのかもしれないw


おっちゃんら世代は「誰が1番強い?」に執着してた。
チーム戦なんてのはなかったし、仮にチームがあっても1人で操作するゲームだった。

バラバラの個人個人が集まってチームを結成し、
個人個人全員がチームのために働くわけです。もう1つの社会が出来上がってる。
これが今の時代に流行るっつうのは、やっぱ興味深いと思いません?w

オレが1番!よりは健全な遊び方とも思える。
まあ「オマエのせいで負けた!」って言い出す人間も出てきそうだけど(笑)
これもまたチームスポーツでよくある話。リアルな人間模様が現れそうです(;´∀`)


MOBAはおっちゃんも触ってみたんだけどね!
いかんせん戦術的なゲームではあるものの、戦いはアクションなんだわww
足引っ張っちゃいそうでさ~、いまいち踏ん切りがつかんのですよ・・・・・( ;∀;)




などと感じたことまとめて書いてみました。

ゲーム事情に触れたり学んだりしてみると、
世相というか、時代というものが見えたりするかもw

今の若い人たちが一体どんなものを求めているのか?
おっちゃんら世代はファンタジーと聞けば喰いついてた気もする\(単純)/

今はリアル性なのかな~?
歴史の部分でも注目度は高いよね~♪

艦これもWoTも昔のリアルが舞台。
大航海時代だってゲーム性でアレコレ言われてるけど喰いつきは良かった。


ゲームだからこそ非現実感を求めた時代は終わったのかも。
ただ数年単位で流行りが変わる時代です、次は何が来るのやら♪

個人的にはガンダムのナイスなゲームが出て欲しいです(笑)
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。