Love&Peace 気楽にいこうぜブラザー♪
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 やれること、やるべきことがあれば・・・・・
2014年02月28日 (金) | 編集 |
皆様は「ヤバい!」と思ってから発作に進む確率はどれくらいでしょう?

ここ数年のおっちゃんは80%くらいでした。
これはもう「ヤバい=確実に発作」くらいなイメージです。
こうなるとヤバいと思ったら最後発作が発動するわけですんで、ヤバいと感じてしまった瞬間の慌てっぷりは相当なもんになります(笑) 慌てりゃ更に確率は上がる。

座して死を待つのみ

こんな心境でした。
迫り来る恐怖に怯えつつも・・・・、やることがないwww


発作の気配を感じてから、出来ることって限られます。

安全な場所へ移動するにも移動できる環境かどうかは分からない。
電車内であれば最低でも次の停車駅に着いてくれないと降りられません。
んが、ひと駅移動の3分間で立ち上がるのも困難なコンディションに陥ったりもする。

こうなると今度は電車に乗ること自体が怖くなる。
ひと駅の区間が長い路線を警戒したりするようになる。
これが予期不安となり、デススパイラルを生み出すわけです。


座して待つしかないのか?

過去いろんなことを試しました。
指の爪を押すとか太ももを擦るとか、藁にもすがる思いです(笑)

効果はなかった。
そんな程度で自律神経をコントロール出来るわけもなく・・・。


そんなときに登場したのがリラックス法です。
心理療法で学んだこの取り組みはなかなかの効果が出てる。
実際のリラックス法については別記事見てくださいw →リラックス法について



フィジカルをリラックスさせることによって得る効果は個人差あると思います。
日常から緊張レベルが高いおっちゃんには効果抜群ですが、他所様が同じとも限らない。

んが、しかし!
出来ることがあるっつうのがデカいッス!めっちゃデカいッス!
座して死を待ってる暇はない(笑) 呆けてる暇があったら、発作の覚悟を決めてる暇があったら、発作後の周囲の反応を想像してる暇があったなら!やれることやれって話です(笑)


「やるべきこと、やれることがある」
これは想像以上に精神を安定させてくれます。

昔電車で毎朝倒れてた頃は「気合だ!」なんつって踏ん張ったりしてました。
「心だけは折られるもんか!(# ゚Д゚)」みたいな意味不明なテンションです(笑)

結果効果はなかったんですがww
これはやれることではありますが、やるべきことではなかった気がするww


も少し理論的に正しい方法でねw
かつ効果的なやれることがあることが望ましい♪

自分のやってることが正しいことだという自覚は自信にも繋がります。
大丈夫!と思えるわけです。そゆ意味での精神安定です。



座して死を待つツラさといったらハンパないです( ;∀;)
刻々と迫り来る発作へのカウントダウン。ジワジワ真綿で首を締められる感じ。

そりゃ確実に悪い方へ向かうわな(笑)
かなりの確率で発作も起きますわな(笑)


過去記事のリラックス法は時と場所を選ばず出来ます。
どんなシチュエーションでヤバい状況に陥ったとしても、必ずやれることなんです。

やれることがあるって素晴らしい!ヽ( ;∀;)ノ
精神衛生上非常に良い効果を生んでくれると思います!



ぶっちゃけリラックス法じゃなくても良いと思う。
理論的に正しいと思われることだったり、個人的経験として効果があったと思われる対応方法でも構わない。
とにかくやれることがある、やるべきことをやってる間は徐々に奪われる肉体的機能を気にしてる暇もない。

やれること、やるべきことがあれば立て直せる確率は上がる!

と、個人的には考えます。
特に最近は実感としてあります。


冒頭ここ数年の発作率80%と書きましたが、
リラックス法を駆使するようになってからは0%です。

体感としては、
『リラックス法が効果あったと考えるより、発作直前でもやれることがある!という安心感がデカいんじゃないかと考えてます。』

「発作が起きたらどうしよう・・・・・」

誰もが考えるこの不安。

「どうしよう・・・じゃねー!イザとなったらコレをやれ!忘れずやれ!」

こんな風に考えてれば不安も和らぐと思います♪
発作だけじゃない、予期不安にさえ効果があると個人的には考えてます♪



おっちゃんは経験ありませんが、
治療法の見つからない不治の病を患ってる方の心境たるや、想像するだけで怖いです。

「手の施しようがない」は、死刑宣告みたいなもんです。
80%で起こるパニック発作も似たようなもんで、発作宣告となります。


リラックス法は数少ない対抗手段になりうる。
まだどうにか手の施しようがあるんです。

藁にもすがる思いでも、藁がなければすがれません。
逆に藁を見つけたときの希望だったり期待だったりはデカいです♪
これきっと精神や肉体にも良い影響を与えると思うんですよ!立て直すキッカケです♪


ホントに手段は何でも良いと思います。
とにかく藁を見つけることが大事です。やれること、やるべきことを探しとくことが大事。

それがきっとイザというとき自分を支えてくれる武器になります。
見つけられない方はダメ元でリラックス法を試してみてくださいw
スポンサーサイト


 第三者の評価
2014年02月27日 (木) | 編集 |
3日もブログサボっちゃいました(;´∀`)
合戦と読書と溜まった録画の消化に明け暮れてましたw



先日の記事にも書きましたが、
近頃の心理療法では「これ回避行動?」って確認が多いです。

例えばマラソン大会でヤバくなって歩いた話。
歩いて立て直したのは良かったんですが、歩かずジーっとしたままでも回復した可能性もあるとかないとか、本人的にはないんですが(笑)

上手く対応したと考えるか、あるいは歩いたことは回避行動として考えるか。
こういった判断を心理療法で尋ねる機会が増えてきました。


基本的に回避行動はよろしくないとされてます。
分かりやすく言えば「逃げ」ですからね。

誰だって逃げたと思われれば気分が悪い。
背中の刀傷は武士の恥!(IXAやり過ぎ)


逃げた逃げてないの評価は己には出来ず、第三者の意見が必要です。
己の中では戦ったつもりでも傍から見れば逃げてた、なんてこともあるかもしれん。
まあマラソン大会になんだかんと言い訳つけて行きませんでした~とか分かりやすい回避行動は別ですが(笑)

そこでプロである心理療法士さんの意見を聞く。
第三者から逃げてないと判断された段階で初めて逃げずに戦ったということになる。


結局のとこ潔癖症なんです(笑)
逃げたと思われるのが心外どころか、自分で自分を許せない。
精神衛生上健康でいるために「逃げてませんよ」というお墨付きが欲しいわけですww

メンドクサイおっさんですね(;´∀`)



心理療法士さんに1つ例を挙げて頂きました。

例えば会社の朝礼で倒れてしまう人が居たとして。
あ、これ実際に居た患者さんの話らしいッス。


なんでも端っこに立つと平気だとか。
社員が並ぶ中央付近に立って朝礼してると気分が悪くなるというシチュエーション。

朝礼で調子悪くなり、その後の業務に支障が出るのは困ります。
なので端っこで朝礼を受けるのは「上手な対応」になるらしい。

ただ慣れてきて通常業務を問題なく出来るシチュエーションまで立ち直った段階で、
いつまでも端っこに立って朝礼してるのは「回避行動」と受け取られるとか。
そろそろ中央付近に挑戦してみようって話ですね。


本来の目的を考えた上での判断が重要ですかね~。
仕事するのが目的なのに朝礼で無茶して仕事できずに帰るのはアホらしい(笑)
そこは端に立つか、なんかしら言い訳して朝礼を逃げるかするのもアリだそうです。

朝礼を凌いだ結果、その後の仕事が充分こなせれば良いわけですね♪
仕事がこなせるようになったら朝礼をクリアするのが目的になってくる。


でもこれ本人には判断ムズいです。
どのタイミングで中央で朝礼受けるか?自分がどれくらい大丈夫になったのか?

いつ来るか分からん発作だけに自己判断が際どくなる。
相談できる人が居るなら第三者に判断を委ねる、丸投げするのが簡単ですね(笑)



第三者の判断も白黒ハッキリしてるわけじゃありません。
グレーゾーンは極めて大きい。プロでもそうなんですから患者に判断できるわけないw

冒頭のマラソン大会の話も「上手な対応だと思います」という判断でした。
「思います」がポイントです(笑) 断言できる問題でもないってことだw

第三者からしても本人がドコまでシンドイのかが分からない。
患者本人にもよく分からない。そりゃグレーになるわな(笑)


それでも一応ね、
精神衛生上確認しておくことも大事かとw

普段他人からの評価を一切気にしないおっちゃんですが、
この問題に対してだけは第三者からの評価を意識しちゃいます(;´∀`)

 我を忘れて
2014年02月23日 (日) | 編集 |
昨日は飲み会でした。
荒れることもなく無事に終わりました。

おっちゃんが42歳、相棒も2月生まれで今月40の大台に。
いつまでも若者風の飲み会をしてられません・・・・が、下ネタ満載の8時間でした(笑)



今回は反動が強烈だった。

昨夜は2回くらい目が覚めたかな?
体が火照った感じで熱い。背中と肩が痛い。ツラくて寝直すのが大変なレベル。
今朝も起きれませんでした。こちらは脳みそがボーっとしてて、体の疲れも残ってた。


油断です。
良く言えば成長なんですが。



飲み会の最中フェイズ1くらいは何度かあった。
ただ最近フェイズ1でビクついたりもしないので気にしなかった。

余裕もあったんで特にリラックスを心掛けもせず、
同じ姿勢に疲れたら少し座り方を変える程度の工夫に終始してました。


単純に楽しいわけですよ(笑)
我を忘れて場を楽しむ。会話に集中する。

我を忘れて何かに集中するっつうのは本来良いことです。
それくらい楽しい、我を忘れるほど夢中、一般的には良い意味で使われることが多い。

ただ我を忘れるの「我」の中には病気も含まれる。
当然セルフモニターもしてないしリラックス法も駆使してない。
無意識に高まる集中力と緊張感が終了後に見事反動となって現れる(笑)


いつぞや魔王さまとオカンと3人でレイクタウンに行ったときと同じです。
会話に夢中になってその場は何ともなかったけど、その何ともないはリラックスしてたわけではなく、コンディションに目を向けてない、気を逸してた結果、変化に気付いてないだけだと。

この時も翌日の反動がスゴかった。
上から下へ急激に変化しちゃう波を小さくするのを目的にリラックス法を学んでる。
だからこそのセルフモニター。コンディションチェックし、上がったり下がったりの波を出来るだけ小さくする努力をする。


このブログでも口酸っぱく言ってる話なんですが。
我を忘れるほど夢中になっちゃえば、忘れちゃうのも当然でして(;´∀`)
日常からテンション高めのおっちゃん。テンションを抑えたり、夢中になっても我を忘れず病気を忘れず、心のドコかで冷静に観察分析、こういったことがムズいな~と実感しました。



1日経った今振り返ると。

呼吸が浅かった気がする。タバコも多かったし。
大袈裟な腹式呼吸は要らなかったでしょうけど、少しため息つくくらいの余裕は欲しい。
ふぅ~っと息を吐く瞬間がなかった。常に会話に集中して、文字通り「息が詰まる」感じ。良い意味で息が詰まっちゃう(笑) 人間集中が極限になれば息も止めちゃう。この状態です(;´∀`)

姿勢は良い感じでした。
相棒にも「キレーな姿勢だなww」って冷やかされたほどです(笑)
こっちに関しては多少身に付いてきたかも♪ 無意識でも意識できる感じですね♪

とは言え今も肩と背中には激痛。
60点ってトコでしょうか?(笑) まだまだ修行が足りませんw



今月はマラソン大会と免許更新がメインでした。
どちらも本人的にはハードルが高く、その反動と言っちゃなんですが、今回の飲み会は恐ろしくハードルが低く(笑)リハビリ要素は考えず、純粋な楽しみとして考えてました。

2つのイベントを上手くやれたっつうのも大きく、
成長を実感したがゆえの油断であり、成長したからこその反動です。

飲み会で度々現れたフェイズ1も、以前ならマメにリラックスしてたハズです。多少慌てながら。
このフェイズ1で揺れることなく、ドンと構えてられるようになったのは成長であり、ドンと構えた結果本日デカい反動が来たのが油断です(笑)



リハビリでも半分以上は楽しもうと決めてますが。

今回の飲み会は半分以上楽しむどころじゃない、不安や恐怖や義務感なんてもんはほとんどなかった。ほぼ全部が楽しみ、です(笑)
上手くリハビリが進めばこの先こういうシチュエーションが増えてくると思う。
「リハビリやってる感」が薄まり、純粋にお出掛けを楽しめるシチュエーション。

我を忘れて夢中になるのは良いことでしょうが、
それをやり続けた結果、この病気になったわけで(笑)
ある程度セーブする必要がある。どんなに楽しくても、どんなに夢中になってもセルフモニターを忘れずに。


以前は不安で、苦しくて、恐怖に飲み込まれてセルフモニターを忘れてた。
今回は夢中になりすぎて、楽しくて忘れるっつうのもあるんだな、と勉強になりんした(笑)

 話す内容が変わってきたかも
2014年02月21日 (金) | 編集 |
本日は心理療法。
こちらでも記事にしたマラソン大会と免許更新の話題が中心でした。


マラソン大会ではフェイズ3とか4まで症状が出た。
そこから歩くことで立て直したわけですが・・・。

以前ならこの不調に対する話が主だったと思う。
フェイズ3をどーにかできないか?無くすことはできないか?

通り過ぎるのを待つしかねーと割り切った今は、
歩くことが正解だったか?回避行動ではなかったか?

現場での対応が正しかったかどうかの答え合わせみたいな会話が多いです。


話しても仕方ないことが排除され、具体的な話が多くなった気がする。
贅肉が削ぎ落とされた、切れ味鋭い会話になってきたと思う(笑)

過去浮かんだ疑問を納得いくまで話し合った結果かな?
徐々にですが、問題を片付け消化しつつ、階段を一段一段上ってる気がします♪



序盤の頃みたいな遮二無二セッションを希望することもなくなった。
最初はね(笑) モタモタしてる感じがイヤで最速のペースで心理療法を受けてたw

今はひと月に1度です。のんきなもんですw
ただ今回みたいな経験したこと、感じたこと、考えたことが多いと時間が足りん(笑)


ゆとりが持てるようになったのは手応えを感じてるから。
初めは主治医を代えてまでコッチ受けてんだから!って焦りが強かった。
効果も不明でしたし、ダメそうなら一刻も早く元の主治医に戻さなきゃって思ってた。

会話もチグハグだったしねww
心理療法士さんもオブラートに包んだ言い方が多かった気がする。

白黒つけたがるダメなおっちゃんに合わせて最近ではハッキリした物言いになって頂いてます。もちろんグレーゾーンはグレーゾーンと仰いますが。
元の主治医は初めから「合う人」でしたが、心理療法士さんは回を重ねるごとに「合わせてくれた人」になるでしょう。
もちろんおっちゃんも努力してますが(笑)


上手く関係性を築ければ、その後は楽チンですね♪
現在心理療法中に飛び交う言葉はどれも合理的かつシンプルですw



本日もスマートな会話でたくさんの情報仕入れて参りました!
たくさんあり過ぎるので詳しくは明日以降記事にします(笑)

回避行動か?上手な対応か?
最近よく考えるテーマについて話してきました。

やるべきことがあるから不安を感じない。
これまた最近よく思うテーマ。こちらについてはおっちゃんが一方的に話してただけですが(笑)話したことによって自分の頭の中で整理がついたのでまとめ記事にしたいと思いますw


心理療法は非常にありがたいお話が聞けるんですが、
終わった後で記事にするのが大変だったりもする(笑)

まあマイペースでいくさ~~~ヽ(°▽、°)ノ

 42歳ですってwww
2014年02月20日 (木) | 編集 |
42歳になりましたが精神年齢は「ぼく3さい!ヽ(°▽、°)ノ」です(笑)


昨夜魔王さまとチャットしてて「もうすぐ誕生日だね!」と言われ気づく。
おっちゃんのGoogle Calendarには仲間やツイともさんのバースデーは記入されてるが本人のバースデーを記入してなかった(;´∀`)

オッサンともなれば己の誕生日なんぞ忘れちまうよ!と言いたいトコですが、世間のオッサンたちがどーだか分かりませんので何とも言えない。
免許更新もあったし、その場その場では「あ、誕生日近いな」と思います。んが、それを常に意識してるわけでもないし、「あと何時間で42歳♥」とか乙女のハートも持ってませんし、覚えてないのが普通でしょ!とも思うんですが・・・、周囲からは冷たい目で見られます( ;∀;)


まずは生まれてきたことに感謝。
鷹を産んだ鳶2人に感謝(笑)

ここまで生きてきてこれたことに感謝。
支えてくれた皆々様に感謝です♪



41歳の目標は「半分楽しむ」でした。

何をやるにも苦痛を伴い、義務感とか責任感でやってきたリハビリ。
楽しむ余裕も持とうよ♪というコンセプトでしたが、まあまあ楽しめたと思うw

イヤイヤの部分だけは捨て切れませんが、50%イヤイヤ、残り50%は楽しみになったかと。
ダルビッシュでさえトレーニングするのがイヤだと思う日があるのです!凡人のおっちゃんがイヤイヤなのも仕方ない(笑)



昨夜魔王さまに「どんな1年だった?」と訊かれ、
思わず答えたのが「心理療法に明け暮れた1年」でした。

リハビリ系を楽しめたのも心理療法で新たな知識を得たおかげ。
試してみたいことがあるからこそ結果を楽しみにチャレンジ出来たんだと思う。
今まで通りの出たとこ勝負じゃ楽しめなかったんじゃないかな~・・・とか今になって思う。


トレーニング系ではなんつったって怪我ね(笑)
ここまで長引く怪我は初。やらかしたのが11月末だからもう3ヶ月ってことになる。まあその間も走っちゃったり筋トレしちゃったりしてんだけどww

何度も記事にも書いたけど、
やっぱ1度経験しないと分からんのよ!この怪我がヤバいのかヤバくないのか!?
なので通るべくして通った道だと思ってます、反省はしてますが後悔は一切ナイ(笑)

整骨院通いもまた出会いの1つです。
パンチは怖いけどプロフェッショナル、たくさんの知識や興味を刺激してくれる。
最近は素直な患者として認めてもらえてると思う(笑) だって怖いんだもんwww


そして合戦に明け暮れた1年。
戦国IXAを始めたのが昨年の2月末だったハズ。

たかがオンラインゲームですが、学んだことは数知れず。
平均年齢が30~40歳のゲームでチャットをするっつうのは同世代のバリバリ働いてる連中と繋がるってことでして、これはこれでスゴく刺激になりますw
IT系の職種の人間も多いですし、そういった戦友とネットを介して付き合うっつうのは案外ゲーム以外の部分でもたくさんの知識や考え方を共有できたりします♪


ブログでは、なんつったってHさんと会えたのが嬉しい♪
なんだかんだで毎年ネットで繋がった誰かしらと接触できてますw ありがたい(*´∀`*)

近々終わる某番組では「友達の友達は皆友達だ」と言う。
「ネットの友達も皆友達だ」と思います♪ 区別する必要がドコにある?(笑)



42歳の目標はどうしますかね~?
何も考えずにこの記事書き始めちゃってますww

やるべきこと、できることを全力でやる
できうる限り他人様の迷惑にならないよう心掛ける
どんなに煩わしいことでも、せめて気持ちの半分以上は楽しむ

そして90歳で全盛期(笑)



ここまでが現状己に課した目標です。
上記のことを守りつつ、42歳の目標は・・・・・、

『柔らかい大人』でも目指しましょうかw


脳みそはもちろん、センスも柔らかくしたいですね♪

ツイともさんにアーティストがいらっしゃる。
おっちゃんには芸術的センスがありませんが、センスがないからって諦めるのもアレだ。

今ならスポーツと聞けばなんでも喰いつく。
その勢いを他の分野にも広げたいな~とか思う。


ネットはまさにそれだった。
オンラインゲームもそうです。
魔王さまの影響でアニメも詳しくなった。

偏見のない大人になりたいですね♪
それには柔らかい脳みそとセンスが必要ですw


あらゆるジャンルが集うツイッターはそゆ意味では最高のツール。
凝り固まった意見が集まるTLなんてむしろ珍しいんじゃないでしょうか?

十人十色、その多様な意見を全て受け入れられるような寛容な大人になる。
頭の堅いオッサンほど若い人たちから煙たがれる存在はない(笑) イヤですwww


多種多彩なジャンルに興味を持ち、センスを磨く。
センスなんてもんは持ってる持ってないってことじゃないんじゃないかと最近思う。磨けば光る!・・・・・・・・んじゃないかと思うんですが、光ったことないからまだ分かりません(笑)

おっちゃんだって最初NFL観たときは「なんだこりゃ?」でした。
興味持って観続けて詳しくなって初めて面白く感じるようになった。

スポーツを観るセンスが優れてるんじゃない、センスを磨いた結果なんです。
同じようにセンスを磨けば、いつかピカソの絵に反応できるようになる・・・とかならないとか(笑)


「オレには無理!」とか「オレにはセンスない!」とか頑なにならず、
柔らかい頭で受け入れていきたいと、42歳のオッサンは思うのです。
ダンディなオジサマを目指すオッサンはそう思うのです(笑)



パソコンなんて触るのもイヤだ!と思ってた人間が今や普通にネットしてる。
柔らかくなるための下地は出来てると思うw

ふにゃふにゃの42歳を目指します♪
気楽にいこうぜブラザー♪ヽ(°▽、°)ノエヘヘヘヘ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。