Love&Peace 気楽にいこうぜブラザー♪
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 進撃のメンドクサイ話
2013年12月31日 (火) | 編集 |
「進撃の~」って付ければ良いってもんでもないんですが、
なんにでも合ってしまうから怖い(笑) 「進撃の魔王さま」とか(笑)

今年最後の記事はメンドクサイ話です。
メンドクサイオッサンのメンドクサイ話に付き合う暇と余裕のある方だけどうぞw



『進撃の巨人』観てます。
MXさんで一挙放送中。中盤過ぎた辺りかな?

謎の生物「巨人」が現れ、人類は絶滅の危機に瀕する。
巨人たちを駆逐し、人類は生き延びることができるか?みたいなストーリー。

巨人はドコから現れたのか?など謎も多い。
謎を追いつつエレンたちのサバイバルにハラハラするのが見どころかしらね♪

※ちなみにおっちゃん原作が話題になった頃マンガ読みました。
グロい描写にドン引きして断念し、アニメ最初のオンエアも1話で断念した(笑)
2度目のアニメ挑戦にしてようやくマトモに観ることが出来てます。心臓弱い方は注意!


巨人の家畜の如く生きるしかない人類の理不尽さ、
親しい人が次々亡くなる理不尽さが序盤は強調される。

中盤になってからは人間同士のドラマ。
巨人に相対するには人類が1つにならんといかんのですが、人それぞれ利害もあったり。

司令官はエレンに問い掛ける。
「人類は1つになれるかな?」
エレンの答えは「NO」でした。

この期に及んで1つにまとまれない人類に諦めの表情を浮かべる若者エレン。
オジサン的にはスゴく悲しいシーンでした。



ウソかホントか知りませんが、
環境破壊の影響で地球はいずれ人の住めない星になる、と言われて久しい。

お金や土地を持ってても無駄です。
人類が生存することを星が拒めば全てがオシマイです。
スペースコロニーさえ出来れば・・・・・!とかガンダムファンは考えますが(笑)


そんじゃこれを機会に人類が1つにまとまったか?っつうとそうでもない。
その手の国際会議では国益というものに振り回される各国の姿が目立つ。

国も大事です。〇〇人という心持ちは素敵です。
けどその前に地球人だったり人類だったりすんじゃねーかなーとか思ったり。

CO2削減目標に同意するからコッチの問題なんとかしてくれる?
こんな駆け引きも存在するとか聞きます。

目の前に危機が迫ってると感じてないからノンキなのかな~とも思うけど、
進撃を観ると目の前に危機が迫ってても今と変わんねーかな~とも思う。

オジサンたちオバサンたちが利害関係で揉めてるのを若者たちは見てる。
エレンのようにクールな眼差しで、諦めの眼差しで見つめてるかもしれない。
とか思うと申し訳ない気持ちと恥ずかしい気持ちでいっぱいですごめんなさい。



進撃の巨人では調査兵団なるものが存在する。
巨人たちの生態調査を目的とし、いずれ人類が巨人に勝つためのデータを収集する(らしい)。
(らしい)と書いたのは話がまだ途中だから(笑) まだ全貌が明らかになってないのよww

現実世界でも調査兵団は存在する。
データを取って予測して人類に警笛を鳴らす機関は多い。

彼らは英雄なのか?
ホラ吹きハッタリ野郎なのか?

ココが未だにハッキリしない。
「煙草はホントに体に悪いの!?」っつって禁煙できないのと似てる(笑)


進撃の世界でも物語開始直後の調査兵団は世間から白い目で見られてた。
(TVアニメの)中盤となった今では英雄と目されたりもしてる(らしい)。

実際コトが起これば変わる部分もあるでしょう。
ハッキリした時点で世界を見る目が変わる人も多いでしょう。

ただこの期に及んでも変われない人が居るかもしれない、っつうのは怖い。
何に執着してんだかもすでに分からない人々。ただただ価値観を変えることを拒む人々。


巨人や環境破壊より怖いのはコッチかもしれない。
おっちゃんも気をつけたいですね。頑固な人間にはなりたくない。

環境問題なんてありませんよ~\(^o^)/
とか信頼できる情報が出てきたときに、「いや!そんなハズはねー!」なんて頑な発想してちゃ若者たちに笑われます(笑)

持論や価値観を曲げるっつうのは柔軟ってことです。
「やわらかあたま」ですね♪

政治の世界でコレをやれとは言わない。
己の職を守るのに、勝ち取るのに必死でしょうから。

けど巨人や環境の問題は政治じゃない。
柔軟な発想で、正しいモノの見方で、曇りなき眼で見つめたいものです。


エレンたち若者が見てます。
おっちゃんら世代から上の人間はそのことだけは忘れちゃイカン。

リヴァイ兵長に冷めた目で見下されるのは気分悪いですから(笑)
スポンサーサイト


 当ブログの役割も変わりまして
2013年12月30日 (月) | 編集 |
3年前ブログを始めたキッカケは、
ツイともさんに病気のカミングアウトするのが目的でした。

真っ昼間っから暇そうなコイツは何者やねん!
・・・って疑念を持たれたまま、シレ~っとお付き合いするのも気が引けたので(笑)
どうせ繋がるならある程度分かり合えたら良いな~(*´∀`*)と思って始めたツイッター。
当時は寝たきりから回復するも引きこもりには変わりなく(笑)その辺で引いちゃう方はこの機会にフォロー外してもらおうと。


その後は病気に対するアレコレが目的。

ある程度の時間PC前に座り続けるってトレーニング目的だったり、
ブログネタになるでしょ!っていうのがリハビリのモチベーションになり(笑)
経験したことをココに記すことによって認知行動療法の役割も果たすようになる。



レーシックの記事を書いた辺りからブログに対する向き合い方が変わった。
反応が返ってきて、みんなが真剣に悩んでて、コメントには質問や感謝の言葉が並ぶ。
適当なこと書くつもりはないんだけど、改めて真摯な姿勢で書かねば、と思うようになる。

病気の記事に関しても(なぜか最近になって)同じようなコメントが増える。
実際の読者様とお会いしてみて、どんな感じでこのブログに辿り着いたかも朧気に理解。


やっぱ症状なのよね。
おっちゃん自身もトレーニングで怪我すると患部と症状で検索する。

皆さん「パニック障害+症状」でココがHITしてるんでしょう。
同じ症状ですんで何かしらの参考にはなるハズ。

読者さまと同じ症状を持つおっちゃんが、読者さまとは別の症状を持ってた場合もある。
そんとき読者さまが「わたしもこれからその症状が出るかも!」って不安を抱いては申し訳ない。

・・・・・なんてことまで最近は考えるようになりました。
これも実際の読者であるHさんと会えたからこそ思えるようになれた話。



多少ですが、ほんのちょっぴりですが、
「お役立ちブログ」的な立ち位置を意識するようになりました(笑)


記事のネタを考えるのは寝る前、走ってるとき、書く直前の3パターン。
ちなみに書く直前パターンはその瞬間の思いつきや感情重視なのでロクな記事にならないww

ネタを考えるときに頭に浮かべてたのは最近の自分の興味。
趣味的な話だけじゃなく、病気に対してだって興味ある分野はある。


それが最近はコメントやリプライを重視してる。
気づかぬうちに。

自分自身には当たり前で素通りしてた話に食いつかれたりって経験が多い。
こんな話がもっと聞きたいの!?みたいな経験を何度もすることによって、自分にとって当たり前の話もそれがホントに当たり前か考えて、少し詳しく書いてみて、そして記事は長くなる(笑)

自分基準、自分主導の記事から読者観点へと移行中ですw



2013年も終わり、38歳で始めたブログも丸3年以上経ちます。
そろそろ役割が変わってきても良い頃なのかな~とも思う。

座るってトレーニングはIXAをやってりゃ必要ないし(笑)
リハビリもモチベーションを必要とするほど腰の重い状態でもない。
ツイともさんへのカミングアウトも完了してる。「実は今知った!」って方は責任取れません(笑)


以前「聞きたい話や読みたい話は書きたくない」って書いたことがある。
自分が伝えたいことだけを書きたかったというか、ブレたくないというか、影響されたり引っ張られたりするのが怖かったから。

もうそんな心配もないしね!
3年続けりゃまあまあの中堅選手でしょ♪

中堅ならではのサボり方も今年覚えたと思う(笑)
結構サボったよね~ww ヽ(°▽、°)ノエヘヘヘヘ
今後もマイペースでいきます♪



今年も当ブログを訪問して頂きありがとうございました!m(__)m
2014年もスゲー暇なときで構いませんので遊びにきてくださいw (´∀`*)ノシ

 来年からお年賀リプはナシ!
2013年12月29日 (日) | 編集 |
※喪中じゃないッス!


受け取る側はどうか分かりませんが、
送る側としては毎年楽しみだったお年賀リプライ♪
ツイともさんに気安くリプする言い訳としては最高ですね(笑)

今年、2013年で随分状況が変わったおっちゃんのTL。
アカウント削除はないけど離れ気味ってツイともさんが結構出てきた。

やっぱLINEなのかな~。
おっちゃんはIXAのチャットだけど(笑)


まあ確かにいつまでもツイッターってこともないでしょうよ。
ずっと言い続けてるけど、おっちゃん自身いつツイッターがなくなっても構わない。
ツイともさんと他所で繋がってられれば場所はドコでも構わないっつうのが本音です。

ただ今じゃない!
も少し時間が欲しいかな~って感じ。


お年賀リプ出すなら皆様に、と思う。
ツイッター離れて確認してなさそうな方に出すのも忍びない。
なので今年元旦のお年賀リプを最後にしようかと思いましたとさ(笑)

あ、離れ気味っつっても2~3人様って話です!
20人くらいしかフォローしてないおっちゃんにはデカい2~3人ですが、100人単位でフォローしてる方々にとってはそれほど「ツイッター、人減ったな~」と実感されることもないでしょう(笑)



IXAチャットやってて気付いたことがある。

多くて20人ちょっと、少ないと8人くらいでチャットする。
20人も居れば余程悪態つく人間でも居なければ盛り上がるし、そんなヤツは居ない。

問題は8人くらいのとき。
1人がボケたとして、3人がチャット開いたまま離席してて、残る4人がツッコまない。

この状況が恐ろしく寒い!(lll゚Д゚)ヒイィィィ!!
これがあると怖くて誰もボケなくなります(笑)

なのでおっちゃんは必ず拾う。
あんま親しくない方のボケも必ずツッコむ。
これやっとかないとみんなが安心して発言できないと思うのよね!
ちなみにツッコミ担当のおっちゃんがボケるとスルーとかはよくある(´;ω;`)


ツイッターはこれが出来ない。
さすがに毎回ツッコむわけにもいかない。

ボケっぱなしのTL。
おっちゃんのTLでは女性のほうがボケ倒してくる(笑)

気持ち的には片っ端からツッコミたい。
が、ツイッターではおっちゃんの知らんトコで別の誰かがツッコんでる可能性がある。全てが見えるチャットとはココが大きく違う。

ある程度時間が経ったボケに対してタイミング的にも微妙なツッコミ。
しかも別のフォロワーさんがすでにツッコんでる可能性があるつぶやき。

安全運転でいくならスルーです。
笑いに対して安全運転とかおっちゃんらしくないけど(笑)


で、
みんながこの安全運転のスタンスになると、
発信者は「誰も見てない」と思うようになってくる。

誰も見てないのにつぶやいてる人は稀です(笑)
フォロワー数0でツイート数が1000とか見たことないです(笑)

やはり見られてナンボ、反応あってナンボのツイッター。
ぼっちだと思ってしまったら最後、どしても離れてしまうでしょうよ。


見てくれてると頭で分かってたとしても、
実際反応が返って来ないと寂しいっつうのもあると思う。

来る日も来る日も通常ツイートのみの発信・・・・・、
たまには@つけて発信したいと思うじゃん!!(笑)

とは言えリプライってそこそこ度胸も要る。
上記チャットでのツッコまない4人。別に悪意があってシカトしてるわけではない(笑) ただ単に大人しい人だったり穏やかな人なだけ。
誰もがおっちゃんのようにお喋りだったら、世界は少しうるさく感じるでしょう(笑)



ツイッターって微妙な距離感なのよね。
チャットがベタベタの距離感だけに最近余計そう思う(笑)

今後のSNSは狭い世界になるかもしれない。
今のおっちゃんならIXAですし、ツイッターも最初はシャドハファンやNFLファンという狭いエリアで繋がりたい人を探してた(ガンダムは広い)。

狭けりゃ狭いほど身を寄せ合うのが人間の心理。
マイノリティほど仲間意識が強くなると思うのよね。

その意味じゃツイッターは幅広く対応できる。
広く知り合った人達が今後、狭い環境へと移住していくかもしれない。

オンラインゲームなら同じタイトルが好きな人間同士がチャットに集まり、
アニメやマンガのファンなら掲示板やLINEでタイトル別に集まったり、
そんな風になってくかな~?とかITオンチの41歳は考える(笑)



形はどう変わっても、
ネットで人と繋がれるのは変わらないと思う。

顔も知らない相手と「ともだち」になり「仲間」になり、
いつか会おうと誓い合いつつ、
会わないとかね(笑)

まあ会う会わないは自由ですがww
顔を知らなくても、会わなくても友人にはなれます♪
おっちゃんが実際に会った何人かは、初対面から「古き友」と感じたもんね(笑)


ネットのみ交際でも「友人」20代26%

昨日見つけた記事です。
この結果をどう捉えるか。

「最近の若者はそんな風にしか友達を作れないのか!」と世界の未来を心配するか、
「最近の若者はそんな風に友達を作ることができるのか!」と明るい未来を想像するか、

おっちゃんは断然後者ですね♪
ガンダムで言うならニュータイプです♪♪
なのでおっちゃんもニュータイプってことになります!←ここ重要


ネットの友達を作らなくても支障はないけどね(笑)
居たら居たで人生が豊かになるのはリアルの友達と同じかな~って思います♪



お年賀リプしませんよ~って報告記事のつもりでしたが、
気付けば長々と毎度お馴染みネット万歳記事になってしまった(笑)

 Vick不在のNFL
2013年12月28日 (土) | 編集 |
テンションだだ下がり(´;ω;`)
PHIが勝てば勝つほど切ない気持ちになる(´;ω;`)

チームには頑張って欲しいけどね!
おっちゃんを再びNFLに惹き込んでくれたヴィックが居ないのは寂しい(´;ω;`)


試合に出るどころか塀の外に出ることも出来ない時期もあったさ。
けど帰って来ればやってくれる!って期待感もあり我慢できた。

今回はシンドイ(笑)
フォールズがここまで花開くとは思ってなかった(;´∀`)



チャンスはありましたよ。
初戦以外はインパクトを与えられなかった。
ホームで負け続けたあの時期にも少し結果出しとけば、怪我以降も扱いが変わったかな?

若手に抜かれるのも怪我するのも仕方ない。
けどあの時期のヴィックがベストパフォーマンスじゃなかったのは悔やまれる。


判断の悪さは相変わらず。
更に今年はパスの精度もスゲー悪い(笑)
デコッパチの試合観た後にヴィックを観るとヒドいことになる(笑)

ショートとミドルは人並み以下だったけどロングは精度高かった。
今年はD.Jへのパスが何度も空振りに終わる。大抵球足が長い。INT怖いのかな?


ケリーHCのオフェンスは判断力が必要だと思う。
それがナイ時点でヴィックにはシンドイ展開なんだけど(;´∀`)

今年も判断悪かったね~ww
ヴィックは例えば3人のターゲットが居たら、それに加えて走るって選択肢もある。
意識の半分がスクランブル、残り半分の意識の中で3人のレシーバーを追うから判断が遅れる。

かと言って走るか?と言われればそうでもない。
本人的には本格派のQBを目指してるもんだからややこしい(笑)


2年目から見続けてるけどね、
デビュー当時から「走れるけど投げられないQB」って言われ続けてると思う。

実際そうなんですが(笑)
本人からしたら反発するわな・・・・。
投げられるトコも見せてやる!って思うわな・・・・。

結局ベテランになった今でもこの葛藤と戦ってる気がする。
多少の怪我を覚悟で、走る前提のQBになろうとは思わなかったヴィック。

投げて走れりゃ理想ですけどね~、
人にはそれぞれ向き不向きってもんがある(笑)



年齢的な問題がある。
怪我が増えれば「そろそろ・・・・・」なんて話も出てくる時期。
でもスクランブルシーンを見れば限界なんて一切微塵もこれっぽっちも感じない!

とはいえ怪我する前提で先発QBを任せるチームもないでしょう(笑)
厳しい!非常に厳しい状況に追い込まれてきたぞヴィック!!(とオレ!!)


オフがスゲー心配で仕方ありませんが(笑)
とりあえずプレーオフが近い。そっちに集中しましょう!

ヴィック不在であればこそ冷静な予想も出来そうですが、
今年は試合観れてないから予想も出来んがなwww

昨シーズン、本来SBに出るべきはDENとSEAだったと今でも思ってる。
今シーズンこそこのカード観たいな~っつうのがおっちゃんの希望かな♪

 流行ってNANDA!?
2013年12月27日 (金) | 編集 |
まずはコチラ↓
JOYSOUNDさん発表の2013年世代別年間カラオケランキング

そんでコチラ↓
ユーキャンさん発表の2013年新語・流行語大賞


年末になって今年の流行を振り返る機会が増えましたね~。
上記のページはどうです?流行に乗っかれてます?(笑)

個人的に2つのランキングは対照的だと思います。

カラオケはネットに近くて流行語はネットから遠いイメージ。
流行語はTVに近くてカラオケはTVから遠いイメージ。



今年は珍しくTOP10の流行語が分かる(笑)
けど聞いたことある言葉なだけで、本物は見たことない場合がほとんど。
きっとバラエティで誰かがパロってるのを観た聞いたってパターンだと思われるw

先日のアメト○ーク。
倍なんとかだ!とか、じぇなんとかじぇとか、実際ドラマ観てた?なんて話題が出てた。
ネタに使ってる芸人さんたち自身ドラマを観ちゃいねー(笑) 本物知らずにパロってる(笑)

流行なんてそんなもんかね~とか思ったもんですw
4人に1人が観てるなんて視聴率叩き出すけど実際誰が観てんだか分からん(;´∀`)



対するカラオケランキングは身近な曲が並んだ。
仲間内でカラオケ行く度にバカにされるおっちゃん。
やれA○Bだの、もも○ロだの、「え!?知らないの!?」と笑われてきた。

テメーらこのランキング見てみろやあああああ!!!

って話である(笑)
よっぽどおっちゃんのほうが流行りに敏感である!(`・∀・´)エッヘン!!

JOYSOUNDさんの固定客層が特別かもしれませんし、
今時カラオケに行く客層そのものが特別な偏りがあるかもしれん。
それでも!このランキングは無視できまい(笑) おっちゃん寄りのランキングww



10~30代までのTOP3は全部一緒。

しゃ○くり007で観てから好きになったゴールデ○ボンバーさん♪
実は曲は聞いたことない(笑) けど彼らが好きだw 善いヤツらだとすぐ分かるww

初見でハマった進撃のOP。
今MXで観てるけどアノ曲は頭から離れないよね(笑) パロも先日ニコ動で漁っちまったよ(笑)

そんでミクさん。
コチラも先日MXで特番があった(MXスゲーなオイ)。LIVE観ましたよ♪
LIVEで聴けなかった好きなタイトルはニコ動で聴きましたw(ニコ動はもっとスゲー)


10~30代にはついていけてるでしょ!
なんなら40代にはついていけてない41歳(笑)
だが気にしない!どっちが良い?と訊かれれば、若者に近いほうが良いwww



おっちゃんは「一応」「ある程度は」流行を把握しようと頑張ってる(笑)
なので押さえておいたほうが良いと思われる人名や流行語は覚えようとも思う。

けどこゆランキング見ちゃうと何を覚えりゃいいのか分かんねー(笑)


ツイッターは参考になります。
飛び交う言葉、登場頻度の高い固有名詞、まさに流行語です。

けどツイッターがそもそもネット媒体。
ネット寄りって意味では流行語大賞にノミネートされたりは少ない(笑)

パズドラは候補には入ったらしいが艦これは入ってない。
アノ艦これですよ!ネットゲームどころか社会的成功例として取り上げられてるのにねw


改めて「流行語ってNANDA???」と考えさせられる2013年末となりました。
まあ国内に限ったところで性別も世代も違うしね、一口に言える話でもあるまい(笑)



追記

進撃の巨人OPはもちろんのこと、
当然ながら今年話題の曲が入ってるカラオケランキング。

そんな中で異彩を放つのがEVAのテーマソング。
世代を超えて、流行を無視して愛され続けてるのが分かる。

これに加えて『ライオン』が各世代で人気!
発売は2008年くらいだと思う。その後マクロスFは映画になったりもしたけど、随分長い間愛され続けてるな~と思う♪

でもライオンなんだね(笑)
「もってっけー♪」じゃないんだね(笑)
それが個人的には意外でした(笑) やっぱ世間とズレてんのかな?(;´∀`)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。