Love&Peace 気楽にいこうぜブラザー♪
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 介入
2013年08月31日 (土) | 編集 |
なるべくボカして書きます。
怖い人に検索HITされても困るので(笑)


シ○アに対して某大国が軍事介入しそうです。
地上軍は派遣せず、長距離ミサイルで警告する展開が予想されるとか。

昨日の話題だと英国は議会で否決されたらしい。
日本はどーすんでしょね?イ○クのときライオンヘアーの人は即支持したけど。



賛成反対は一概に言えない問題だと思う。
戦争反対と叫ぶのは簡単ですし、おっちゃんも出来れば叫びたい。


ただ対象国の内治が外から見てても穏やかじゃない場合がある。
イ○クも問題あったろうけど、アジアにだって問題のある国は今もある。
国民が食べ物もなく飢えてるのに派手なお金の遣い方するとかね、内戦なんてヒドい状況もありますが、これだって充分危険水域だと思います。
ユーラシアの北のほうに陣取ってる大国のジャーナリズムなんか見てると放っといていいもんか微妙だな~と感じますし。

あくまでも治める側の話ね。治められる側は良い人たちです。
国や国民をキライになっちゃダメですね♪ 分けて考えましょう!



傍から見ててマズい政府が存在したとして、だ。
今の世の中外部からどーにかする手立てがナイのが現実です。

国連が機能するしないと議論したとこで、たとえ世界が1つになって国連が機敏に機能したとしても、今回のシ○アの問題がどーにか出来たか?っつうとムズいと思う。
いくら世界が1つになって注意警告したトコで、なんの反応もしない国家首脳なんて過去いくらでも見てきた。


介入の手段は様々だけどね。
経済制裁は何度か有効な結果を出してると思う。

経済的に苦しめて、国民が更に貧しくなり、いよいよ今の政府じゃダメだと思い、外部からの圧力じゃ変化は訪れないと知り、内部から破壊する。デモや選挙で。

パッと見理想的にも見えるけど、国民は貧しい時期を長く過ごすことになる。
治安も悪化するでしょうからリアルな身の危険も増えることになるでしょう。

国民は頑張ったって話になるかもしれんけど、じゃあ外側の国々は何やった?と考えると、結局当該国の国民頼みって感じてしまう部分もある。「立てよ国民!」です。

エジプトだって無血革命しましたが今はご存知の状況。
外部から何かできることは?できたことは?と考えてしまう。



最終的な介入手段となると、軍事介入になる。

他国の国民が命の危機に晒されてるとか、大量破壊兵器の所有により近隣国や敵対国が危険と判断されるとか、介入基準は様々です。
様々ですが、明確な基準ではないのが現実。

国民が危険だと言ったところで、どこまで切羽詰った状態に陥れば軍事介入OKか?なんて判断は誰にもできない。神さまにだってできない。
凶悪なテロリストたちに兵器が渡ってしまう危険性だってドコまでを介入するラインと定めるかなんてアヤシイ基準です。そもそも所有の有無が判断できてないし。

誰にも判断できないから国連の議題に乗せる。
そこではそれぞれの思惑が重なり有益な判断ができない。

となると、
じゃあ介入するしないって誰が決めるの?と、なる。


仮に介入したとして、
それが正解だったかどうかは今生きてる人々が死んだ頃になっても判断できない。

仮に介入しなかったとして、
その間も国民が苦しんでる事実は変わらないわけで、見過ごす(無視する)ことになる。


堂々巡り。
このテーマに明確な解答なんてあるのかね?



地上軍を出さないってのも賛否ありそうです。
最近だと無人攻撃機の話題が目につきますが、攻撃国は血を流さず、防御国は被害多数。

これ戦争なの?って話でもある。
でも一言で殺人と片付けてしまうのもどうかと。

誰だって死にたくないですし、政治的な話抜きにしても指導者は自国民を死なせたくないでしょう。死者が増える地上軍を派兵しないという判断はよく分かる話です。
特に戦地で血を流す確率が低い国に住んでるだけに、より強く理解できる。


安全第一。
死なない程度には手助けをしたい。



スゲー言葉悪いですけど、誰もがそう思ってしまうのは仕方ないことかも。
戦場で人を殺してまでもシ○アをどーにかせねば!と思える人は少ないハズです。
いつ自分が、自分の大切な人が死んじゃうかも分からん状況に放り込まれるくらいなら、対象国の国民の方々には申し訳ないけど我慢して頂く他は・・・・と思っちゃうのもね。
おっちゃんなんか気が小さいので余計そう思います。心から申し訳ない。




諸々考えるとさ、
軍事介入の是非なんて誰にも発言する権利ないと思うのよね。
おっちゃんもこの問題ツイッターではつぶやけないな。なんとなく憚れる。

現場の国民や介入する側の兵隊さんたちだけよね、声を上げていいのは。
イ○クのときみたく、明らかにオカシイ介入だけは世界が声を揃えるべきだ。


答えは出ないけど、今も人が死んでるってのはシンドイ状況です。
311もそうだったけど、ニュース見て心痛めてる方々もいらっしゃるでしょう。

心を痛めることが唯一我々ができることなのかな?
愛情の反対は無関心と言います。こういった場合にも当て嵌まる言葉ですね。


世界に愛を
Love&Peace
スポンサーサイト


 パキシル5mg
2013年08月30日 (金) | 編集 |
本日は通常診療。
話の流れで薬を減らすことになりました。

「暑さが収まった頃にパキシル減らしましょうか?」って話はすでにあって、
暑さが和らいだ気配が一切感じられない今日、決断することとなりました(笑)


前回の減薬は大変でした。
週6で2錠、週1で1錠。これを2週間続けて週5で2錠という感じに減らす作業。

期間的に長くなったし、飲む量を自己管理するのがメンドー!
グーグルカレンダーのお世話になりました(笑)


当時「1.5錠にする?」って提案がドクターからありまして。
1錠を自分で2つに割るって話を聞いて、メンドーだな~と思ったので、1錠の日を作るというカタチにして、更にメンドーな事態になった次第(笑)



一般的に『パキシル』といえば10mgになると思う。
2錠で20mg、1.5錠なら15mgです。

薬を減らすとなった段階で、
15mgを服用するか、10mgの日を作るかという選択肢が一般的なのかな?

ただ15mgだとアノ小さな錠剤を2つに割るという手間が入る。
そう、入ると思ってたんですが・・・・・・・・、

5mgのパキシルあったのねwwwww


冒頭で書いた「話の流れで」っつうのはこの5mgのパキシルの話でして。
「薬減らしたいね~」なんていつもの調子で言ってくるドクターに「でも自分で割んなきゃいけないんでしょ?(´・ω・`)」って返すと「5mgのありますよ♪」と返された。
「そんな便利なもんあるのか!?」っつって、早速今日から試すことに(笑)


前回の減薬は自分から言い出した。
なので手間暇掛かろうが我慢する覚悟があったのね。

でも今回は「どっちでもいい」くらいの感覚。
なので多少なりとも手間が掛かるのがなんかイヤだったのよね(笑)

けど手間が掛からないとなると話は別!
「自分の体調に合わせて」ってことで1.5錠の日を作ることになった。
今の段階で毎日1.5錠でも良いそうです。前回と比べるとなんて分かりやすい(笑)



5mgのパキシルは銀に緑のパッケージ。
お馴染みの10mgは銀に青ですね♪
これ全国全品共通かしら?

需要があんまないらしく、今日に限っては調剤薬局でもお取り寄せとなりました。
チェーン店なので他店に在庫があったらしく当日夕方には届きましたが、孤立してるような店舗だと待たされたりするのかも。

おっちゃんのトコは次回から用意してくれる感じ。
たった1人でも服用する人が居れば準備しとくってスゴい話よね。調剤薬局さんを少し見直しました(笑)

本日は10mgを1日1錠分、5mgを1日2錠分。
おっちゃんの匙加減で1日20mgだろうが15mgだろうが好きに服用しろって感じですねw



5mgのパキシルのおかげで手間は減った。
ただ2種類の薬を1錠ずつ服用するカタチになるので変な感じ(笑)

できればサッサと毎日1錠にしたいもんですね~。
ドクターとも話し合いましたが、当面は1日1錠にするのが目標です。

順調に進むといいな~(*´∀`*)
まあ1錠になった後も大事なんですけどね♪
前回はそこで失敗したしねw



とにかく、
パキシルには5mgというものが存在します。

おっちゃんと同じ理由で15mgがメンドーだと思ってたそこのアナタ!
朗報でしょ?(笑) え?知ってた?(笑)



・・・・・・・・・・・・・しかしアレだな・・・・・・・・・・・・、
薬の減らし始めはウッカリいつもの2錠飲んじゃいそうだな・・・・・・(;・∀・)

気をつけます(笑)

 『旅猫リポート』『空飛ぶ広報室』
2013年08月29日 (木) | 編集 |
普段あんま本の感想記事は書きませんね~。
大抵が80点です。ほとんどの作品楽しめる人です(笑)
ドン引きするようなエンディングが待ってない限りバッチコイですね♪

いつぞやの『恋文の技術』『ジェノサイド』みたく「ぜひ読んでくれ!」って作品に出会うとブログで紹介したくなります。
今回もそんな2作品。なるべくネタバレなしで頑張りますw
ちなみにどちらも有川浩さんです(笑)



『旅猫リポート』

猫好きのバイブルになるかもしれない。
10年後とか50年後、「猫好きなの?じゃあ当然読んでるよね!」と、お題に上がるような作品になるかもしれない。いや、なって欲しい。


野良猫だったナナはサトルに拾われる。
諸事情で飼い続けることができなくなったサトルは、知人に引き取ってもらえないかとナナを連れてアチコチお見合いに行く。

そこで会う旧友たちと思い出話に花が咲く。
それを聞いてるナナ。ナナは人の言葉が分かる。喋れないけど聞くことができる。

文章は(それほど明確ではないけど)ナナの語りになってる。
ナナが聞いた思い出話を読者に向けリポートとして聞かせる感じ。
東西南北、車に乗ってお見合いに出掛けるナナとサトル。『旅』ですね。
なので『旅猫リポート』です。多分そういう解釈で良い・・・・・ハズです(笑)



喋れないナナですが、文中では「独白」というカタチで喋ってくれます。
サトルに対する気持ちや思い出話の感想など、「にゃー!」ではなく、ちゃんとした日本語で喋ってくれます(笑)

ペット飼ったことある人共通の夢だと思うのよね、「喋ってくれ!」って。
おっちゃんも飼い猫によく話しかけてました。別に友達居ないわけじゃないです(笑)
「返事してくれたらな~」と思いつつ、「にゃー!」と返事しただけで感動したもんですw

この「にゃー!」が実はちゃんとした日本語だったら・・・・、
この本ではまさにそんな感じになってます。普段猫がどんなこと考えてるか、もちろん有川さんの主観なんですけど(笑)それでもなんだか幸せなのよね~(*´∀`*)


サトルはこの「にゃー!」を理解するセンスに優れてる飼い主さん。
ナナはサトルを良い飼い主として認める。あくまでも上から目線。だって猫だから(笑)

サトルが良いヤツでね!優しい気配りのできる男性です。
ナナは男前な性格かな?猫なんですが少し憧れる要素もありましたw

1人と1匹がイチャイチャする物語に見えるのは有川さんならではかな?(笑)
男女のベタ甘を飼い主と猫に置き換えただけにも思える(笑)


終わり方が最高でした。個人的な意見ですけど。
優しい話に終始したと思う。芯の強い優しい話です。

読み終わってから猫を見る目が少し変わりました。
「アイツなんも考えてなさそうだけど実は・・・・・!?」とかね(笑)

母にも貸しましたが同じ感想でしたね~。
「優しい話だった~(*´∀`*)」です♪

決して波がないストーリーではない。荒波は降りかかる。
それでも「優しい」と思えるのは登場人物たちのおかげでしょう。
有川さんの描く人物は魅力的ですね!『図書館戦争』以来好きな人だらけです♪


犬好きが読んで面白いかは分かりませんが(笑)
猫好きなら読んで損はないと思うな!
ブクログ大賞獲ってます♪



『空飛ぶ広報室』

おっちゃんは『TOPGUN』世代に当たると思う。
未だに「トム・クルーズ!トム・クルーズ!\(^o^)/」って言ってるし(笑)


元戦闘機パイロットの主人公。
不慮の事故でパイロットから転職することになる。
異動先が航空自衛隊の広報室。まだ広報に慣れないトコから物語は始まる。

広報に置ける様々なイベントごとで章が区切ってある感じ。
物語が進むにつれ登場人物たちの個性が発揮されてくる。

「自衛隊とは?」
わりと大きなテーマがありそうですが、堅苦しさは皆無。
『図書館戦争』で近いテーマを描いてるからかな?さすが有川さんです。



毎度お馴染みの、有川さんが『人』を描いてる作品ですね♪
その人物たちが魅力的で、「単発で終わらせるのもったいねーなー!」とか、「続編作ってくんねーかなー!」とか、読む側は毎度お馴染みの感想を抱きます(笑)

ドラマにもなったようで、柚木は水野美紀さんだったんだって!?
キャスティング最高だわ~(*´∀`*) スタッフに原作の大ファンが居たに違いない(笑)


人物も魅力的なんですが、
物語上で語られる『ブルーインパルス』が魅力的でした。

ツイともさんで好きな方がいらしてね♪
実際に航空ショーとか観に行っちゃうような方なの♪

『TOPGUN』でF14にハマったおっちゃん。
気づけばその後は「飛行機=騒音」みたいな感覚になってたかも。
そんな意識してないけどね、意識してない程度の存在には小さくなってた。

改めて「空を飛ぶ」ことが魅力的に思えたな~(*´∀`*)
特に主人公が熱く語るブルーはね、読んでるコッチも大好きになっちゃう感じw





今更ですが『飛行機』が身近になったかな~♪
そもそもマクロスのバルキリーとか好きなんだしね!
現実の飛行機もこんなにカッコ良く、美しいってこと学んだな~♪

読んでる最中は人物にのめり込み、
読み終わった後で飛行機について考える。
そんな楽しみ方ができる作品ではないでしょうか♪


物語の後半では311についても語られる。
有川さんが実際に基地へ取材に行って聞いた話(ノンフィクション)が中心だと思う。

「自衛隊は被災者じゃない」って言葉は重いですね。
つい我々は「こんなときこそ!」とか考えてしまいましたが、スペシャルなスキルを持ってたとしても被災したことには変わりないんですよね。

それを自らは絶対に語らない自衛官。
自衛隊の議論はともかく、それぞれの人物は立派な人であると尊敬するとともに、彼ら、彼女らのようにピンチでこそ戦える人間になりたいな~と思いましたね!


ちなみに笑い話のように語られる当時の裏話は強烈です。
規則に縛られながらもイケイケで修復作業をしちゃう基地の皆様は素敵です!
物資の話とかね、ニュースではなく小説の中で知ることになるとは思わなかった話が盛り沢山でした!有川さんの取材お見事!


こちらはダ・ヴィンチのBOOK OF THE YEARで1位だったそうです。
出す本出す本スゲーなオイ(;・∀・) スーパーベストセラー作家だなw




こんな感じです。
どちらも読み終わりで優しい気持ちになれる作品だと思うな!

有川さんはそもそもがツイッターで『図書館戦争』を知ったのがキッカケ。
その後もTLでは『植物図鑑』など有川さんのタイトルがよく並びます。

紹介されてばっかも悔しいからね(笑)
この記事読んで「本読んだけど良かったよ!」なんて人現れたら嬉しいです♪

 フロント
2013年08月28日 (水) | 編集 |
野球の記事が続きます。
文句が多いのは期待の表れです(笑)
勝てそうだけにもったいないんだよねーーー!!

ちなみに今日は文句じゃないですw



ベンチはさておき(笑)
フロントについては個人的にかなりの高評価です。
スゲーいろいろ言われたDeNAという親会社ですが、ここまでを見る限り良いです♪

比較対象がT○Sというのが大きい(笑)
アレに比べりゃドコでも良いというのが身売り騒動時のファンの意見。
愛のない経営に憤りを感じてたのが自分だけじゃないと知って嬉しかったもんです♪


高田GMはすでにハムさんで実績がある。
今年の補強はドンズバでしたww ブランコとモーガンが居なかった状況を想像するだけで凍えそうな気分になります(笑) 2人とも数字もそうですが真面目なのが良いですね~(*´∀`*)

(渡辺)直人放出も個人的には賛成。
2軍に居るのはもったいない選手だもんね!
藤田=内村も2人ともに出番増えたし、トレードはなかなか良いです。


ドラフトも当たったんじゃない?
1位がボチボチ試合に出て、2位と3位はローテに入ったりした。
三嶋くんは現在もローテを守ってる。過去と比べると上出来すぎる内容です♪
(過去については後ほど)


シーズン前、唯一の懸念材料が元メジャーリーガーだった。
松坂と福留はね~、おっちゃん個人の意見としては全く必要ないと思ってた。
結果としては獲得断念。結果としては2人とも現状アレな感じ。結果オーライです(笑)



スカウティングに加え、経営面でも攻めてます。
先日のユニホームプレゼントにはビビった(笑) 松坂と福留で予算余ったのかしら?(笑)

連日観客動員記録更新。
見た目で明らかに分かるレベルでパンパンに入ってました。
ハマスタがブルーで染まる。チームは見事に3タテ喰らう。泣けるwww


お客さんに値段決めてもらったり100万円チケット作ったり、
今のうちはいくらでも失敗して良いと思うのよね♪ 初心者なんですからw

値段決めるのは現場から文句上がったけどね、ダウンタウンの松ちゃんがLIVEで同じことやってましたよね。見世物に対するプライドの表れのようでスゴいと素直に感動したもんです。ウチにはプライドがないんかな?と思うと少し寂しかったもんです。まあ賛否分かれるトコですけど。



そんな中、先日こんな記事見つけました。

株式会社横浜DeNAベイスターズ代表取締役社長 池田純

地元出身のライターである村瀬秀信さんがインタビュアー。
最近だと『4522敗の記憶』がHITしましたね♪ いつか読みたいなw


この池田純さんという球団社長。
話題を目にする度にチェックしてますが、結構好きです。
おっちゃんの4つ下になるみたいですがシッカリさんですね(笑)

非常にもっともな意見が多いです。
いつも会社として普通のことを普通に仰ってます。

過去様々な球団のエラい人の話を聞いたことがある。
皆さん共通なのが「プロ野球は特殊な世界なので・・・」という言い訳(笑)
一般常識からかけ離れたことも「特殊な世界」の一言で片付けちゃうことが多い。

DeNA同様、新規参入だった鷲さんと鷹さん。
どちらもデカい組織が親会社だけに、わりと特殊な世界に馴染んじゃった印象。

そこへいくとウチの親会社はまだまだ小回りが効きそうな会社です。
守るべき要素より攻めの要素のほうが大きい会社なんじゃないでしょうか?

特殊な世界に馴染む必要がない。
悪の権化である(笑)オーナー会議の言いなりになる必要もない。
読○新聞と揉めたっていいじゃんwww 密接な付き合いとかないでしょ(笑)


特殊な世界に一般常識を持ち込んだという意味で、
ウチのフロントは自慢できるフロントなんじゃないかな~って♪



ところで、
このインタビューでは恐ろしい数字が語られてる。
ドラ1,2位の成功率です。こんな数字あるのね(笑)

他球団が50%くらいだそうです。
対する我ががチームは・・・・・・・・、20数%だってwww

5年で1,2位合わせて10人。
そのうち2人くらいしか成功してない!
5年で2人よ!?よく現状チームとして成り立ってんなオイ(笑)

クジ負けすぎだよね~( ;∀;)
早くウェーバーになってくんねーかなー( ;∀;)
そういった議論も外様である我らがフロントには期待してる。
内部の、昔から居る面々じゃどーにも進まない議論でしょ?



球団の頂点には3人が存在すると思ってる。
球団社長、GM、監督です。オーナーは違う。断じて違う。


この3人がファンの方を向いて日々考える。
企業としてお客様目線は当然のことですね。


とはいえ、監督なんてのは一時契約社員です。
GMだって補強に失敗し続ければ居場所がなくなる。

最も長いこと居座り続けるのが球団社長だと思うのね。
その人間が人として、企業人として(今んトコ)信頼できるのはありがたいです(笑)


強固なフロントが作れれば軸ができると思う。
そうすればブレない球団を作り上げることができるんじゃないかな?

その時々の監督、ベンチに振り回されることなく、
ファンと同じく球団の10年先、20年先を考えてチームを作る。


期待してます♪
10年先じゃなく、近い将来の優勝を(笑)




追記

今後の野球記事に対するツイッターへの通知はハッシュタグ使います。
球団社長のインタビュー中にある話。

『職員それぞれが意識的にツイッターやネットなどでファンの方々の声をみさせていただいていて、実はいろんな意見を参考にさせてもらっています。』

チェックしてるらしいッスよ(ΦωΦ)フフフ…
おっちゃんのブログも露出増やしていきますよ(ΦωΦ)フフフ…

山口と加賀を先発に!\(^o^)/とか、
鶴ちゃん内角攻めろや!ヾ(*`Д´*)ノ"とか、
細山田使ってみてはいかが?ヽ(°▽、°)ノとか(笑)

万が一見てるかもしれないじゃんwww
そんなしょーもない理由からです(笑)

個人の主張を書いてるブログだからね~。
不特定多数の方の目に晒されるのは不安なんですが、
「じゃあブログ書くなよwww」って話でもあるので(笑)

はじめましての方よろしくです♪

 プロ野球の謎「ベンチからの景色」
2013年08月26日 (月) | 編集 |
何度かこのブログで触れてる話なんですが。
『野球をベンチから見るとどんな風に映るのか?』というテーマです。



おっちゃんは長いこと野球を観てきてます。

小学生に上がる前から親に連れられて球場へ足を運んだ。
小学生になってからは少年野球。ファーストのポジションから野球を観てた。

中学の頃は虎さんの試合を観て(85年の虎はホエールズファンにとっても魅力的だったw)、高校に入ってからは学校帰りに制服で神宮、ハマスタの試合を観戦したもんです。

その後も球団関係なく、川崎球場や千葉マリン、兎さんが負けるのを観たくて東京ドームに日本シリーズを観に行ったこともあります(笑)

体調を崩してからはもっぱらTV観戦。
年間100試合以上観てたと思う。MLB含めたら200超えるんじゃないかな?

内外野問わずスタンド、あるいはTV画面と、様々な角度から野球を観てきた。



特に経験値の高いTV観戦では、1つの場面からかなりの情報を得ることができる。
投手の調子、フォーム、打者の狙い球に狙う方向、それに対する捕手の駆け引き、挙げたらキリがないほどのデータを受け取る。そこらへんの解説者よりよっぽど多くのことが分かる、という自負がある。暇人ならではの自負である(笑)

スタンドでも、ホームベースから遠い外野からでもストライクボールの判定に騒ぐ。
近くなるけど角度が変わる内野スタンドに陣取ったとしても、やはり際どい判定に騒ぐ。
このとき周囲の観客は無反応なことが多い。おっちゃん1人が「今の入ってるでしょ!」とか文句言ってる場合が多い。「オレだけ見えている(ΦωΦ)フフフ…」と、ほくそ笑んだりする(笑)

フライに関しては判断ムズいです。
ファースト守ってた少年野球時代はキャッチャーフライが分かんなくて、コッチに飛んできたと思って反応しちゃうことがしょっちゅうだった(笑)
外野スタンドから観ててもムズいな~(;´∀`)

それでもTV画面なら分かる。経験の勝利です。
当たった瞬間の音、打球の角度、当たる前の球筋、打者のスイング、タイミング、それらを瞬時に分析して打球の行方がイメージできる。たまに間違えるけど(笑)



これらのことは観戦経験の多いファンなら多くの人が出来たりする。
けどふと思うことがある。TV観戦が増えた10年くらい前からのプチ不思議。

『ベンチから観ててストライクボールの判断って出来るの???』


よく判定に抗議するために監督がベンチを飛び出す。
走者のアウトセーフなら分かるし、打者のハーフスイングについても分かるでしょう。振った振らないは正面より横から見てるほうが分かりやすいハズ。

でもほぼ真横から観ててよ?ストライクボールって判断できるもんかね?
高さは分かると思う。コースは無理じゃね?慣れれば分かるもんなのかね?

こればっかしは監督コーチ経験がないと分からない(笑)
おっちゃん残念ながらベイスターズから声が掛からないので分からないまま(笑)



先日国吉が先発勝利。昨日負けて2軍落ち(笑)
勝った日の話。立ち上がりからボールが抜ける。右打者に対するアウトローがインコースに抜け、左打者に対するインコースがアウトコース高めに抜ける。

見慣れた光景です。
体の開きが早いからリリースポイントがズレる。指の掛かりも悪い。
左肩を抑えて投げれば少しは制球が安定するし、本人のちょっとした意識で変わる。


投手経験のないおっちゃんでも分かる原理。分かりやすいミス。
これにベンチは気付かない。タイム1つかけて注意すれば済むことなのに孤軍奮闘四苦八苦しながら国吉は自分1人で修正する。時間掛かったけど上手く修正したと思う♪

見慣れたTV画面からおっちゃんは気づいた。
でもベンチから観てて、ほぼ真横から観てて左肩が早く開いてるとかって分かるかな?



コースの問題、フォームの問題。
いずれも投手の調子やらを把握するには大きな情報源です。

これらが間近で観てるベンチには分かりづらく、TVから観てる人間には手に取るように分かるっつうのは、なんか変な感じがするww


慣れてくればベンチからでも分かるのか?
そしてもっと素朴な疑問、ベンチにTVモニタってあるの?


おっちゃんにとって未だ答えの見つからない野球に対する謎なのです。



モニタなければ付けて欲しいな。
付いてたとしたらデニーは投手コーチ失格です(笑)

あとスコアラーとかスタンドで観てたりすんのかな?ホームゲームでも。
もしそうであればスコアラーと試合中に連絡取ったりしてるんかな?

NFLファンにはお馴染みだけど、
フットボールはスタンド最上部でスタッフがゲームを見守ってる。
フィールドを上から観ることによって、真横からしか観れないサイドラインのコーチたちに足りない情報を与えて対策を練るわけだ。インカムでオンタイムのやり取りをしながら。


野球にもあるのかな?
ないとするなら、ルール的にダメなのかな?
ルール的にOKだけど前例がない、ってことならば、ウチが最初にヤルってどうよ?(笑)

文字通り多角的に判断するわけだ。

鶴ちゃんが弱気なリードで外角一辺倒だったりしたら、上から観てれば一発で分かるw
ウチのゲームでよく観る光景なんだけど、相手打者は内角を恐れてないから外のボールを踏み込んで打ちに来る。アウトローいっぱいのコースもキレーに弾き返される。せっかく外ギリギリの良い球放った投手が可哀想になる場面が多々ある。
これも真横から観てたら気付かない。上から観てればバッターボックスのギリギリまで踏み込んでる打者は一目瞭然となるわけでして。

先の国吉のフォームの話といい、
TV画面からは簡単にそれらの情報が得られる。
もちろん情報を活かせるかどうかは経験が必要だけど、さすがにプロ野球経験者のコーチたちと少年野球止まりのおっちゃんとじゃコーチのほうが上手く活かすでしょ(笑)


角度を変えてプレイを見直すことって大事だと思うのよね。
技術がダメなら体力!体力がなければ根性!じゃなくてね(笑)

もっと勝つための手段は手近に転がってる。
手段を講じるための情報も、一般のTV中継の中にゴロゴロ転がってるw



ベンチは真横からしかゲームが観れない。
捕手は真後ろからしかゲームが観れない。しかもマスク越しで見にくい(笑)
最も大局的な判断が出来るのは、最も大局的な見方が出来るのは、ファンだ(笑)

ニコ生で野球中継観たとき、ファンの意見は似たり寄ったり。
なのに現場では全く違うことやってる。

この差は『野球を観る角度』が違うからなんじゃないかな~?って。
角度が変われば景色も変わる。同じ試合観てても別物になります。

きっと試合後に改めてTV中継を観直すこともないと思うのよね、ウチの場合( ;∀;)
そんな熱心なコーチや選手が居たらもっと強くなってるでしょ?(´;ω;`)


どう?面白い考察でしょ?(笑)
ベンチにモニタあるかないかなどの情報お待ちしてます♪
監督コーチ経験者とかからコメント来ないかな~?(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。