Love&Peace 気楽にいこうぜブラザー♪
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 クロ現観たッス
2014年03月12日 (水) | 編集 |
このままだと夜も眠れません。本当に。
頭ん中整理する意味で記事書いてます。
付き合ってくださる必要ありませんので(笑)



クローズアップ現代観ました。
仮設住宅に住む被災者の方々を特集してました。

皆さん仮設住宅から出たい、安心して落ち着ける場所が欲しい、
この想いが強いです。

仮設住宅は2年使用が基本らしいッス。
そこに3年住まわれてるわけです。

2年で終わると思ってた我慢が3年経っても変化ナシ。
アンケートでは昨年段階より焦りや不安を覚える方が増えてるという結果が出てました。

目ぼしい場所に移住しようと考えてた被災者の方、
そこが整地されるのが3年後になるとか。
震災からじゃない、今から3年後です。


スゲー適当な意見かもしれませんが(本人は真剣です)、
放射能で汚染された地域に戻るっつうのはもう無理です。
自然の回復力、この星の回復力に期待するしかない気がします。

けど今回の問題はお金のチカラでどうにかなりそうな気がするのです。
人手や機材を集めて一気に作業すれば・・・・とか考えてしまうのです。

素人考えで申し訳ないm(__)m


ホントによく分かってませんけどね、
出来ることと出来ないこと区別してんのかな?って思っちゃうんですよ。

廃炉の問題は出来ないことに分類されると思う。
でも住居の問題は出来ることに分類できるんじゃないかな~って。

しかも今すぐ出来ることであり、
人や機材やお金を注ぎ込めば注ぎ込むほど結果も早く出るような。

この先どうなるか分からない問題に費用や人手を割くならば、
こういった確実に結果の出る作業に集中させたほうが良いのかな?って。


やるべきことは多々あります。
その中で今やれることを探すのが大事かと。
こゆこともやはり官僚さんが決めるんですかね?
どうして今の状況になってるか説明してくれるとありがたいッス。

クロ現では大学の先生が説明してくれてました。
神戸のときと違って地面そのものがダメージを受けたのがデカいとか。
そこは時間の経過を待つしかないんかな?それとも人海戦術でどうにかなるんかな?

分かんないことだらけッス。
仕方ないことなのか、どうしようもないことなのか、
それが全く分かんないッス。無知で申し訳ないッスm(__)m
スポンサーサイト


 スポーツ環境
2014年01月18日 (土) | 編集 |
スポーツに置ける環境といえば、
競技スポーツをするにあたって設備や指導者が重要と言われる。

宮里藍選手の英才教育は実父という指導者の存在がデカい!
あと兄2人で実験した上での英才教育ってトコもデカい(笑)
フットボールにも出てきませんかね~♪ 英才教育で日本人NFLプレイヤー!

指導者が練習の質を向上させるなら、設備は練習量すら影響を与える。
単純に照明設備は夜間の練習を可能にしますし、室内練習場は雨天でもOK。
最近だと筋力トレーニングの設備なんかも競技スポーツに置いては重要視される。

専用競技場がなければ試合もままなりませんしね~。
指導者がソフトであるなら設備はハードですね、道具も含めて。


ソフトもハードも大事な要素です。
過去スポーツ環境を語る上ではこの辺が論じられてきました。



今となっては違う。
さあメンドクサイ話に突入だ(笑)

CNN 酷暑で全豪オープンの試合中断を決定

ソフトともハードとも違うガチの環境問題でっせ(;´∀`)

選手は失神するしボールボーイは気絶する。
コートに置いたペットボトルが溶けたりもしてるそうです。

上手くなるとか強くなるとかいう次元じゃない。
もう出来ませんよ状態です(;・∀・)


とりあえずこの問題にフォーカスすると、だ。
たとえばエアコンの効いた屋内テニスコートって手もある。

けどエアコンに使用される膨大なエネルギー量やら排出される灼熱の空気はヒートアイランド現象を更に加速させることでしょうよ。
それをアチコチの競技場でやった日にゃあ都市部は死の街になる。

夏の甲子園反対派のおっちゃんですが、
全豪OPも開催時期をズラすか場所を変えるかするのが望ましい気がする。
甲子園も同じく。伝統は大切ですが、地球の命、人の命には変えられない。

別に甲子園や全豪OPが無くなるわけでもない。
ただ今より少し環境の良いとこでやろうぜ♪って話です。

常々言ってますが、
誰かが死んでから方針変更じゃ遅い。
決断が遅れて人が死んでも、決断しなかった人間は責任取らんでしょ?
伝統を覆す決断をした人間は叩かれるんでしょうけど(笑)



ソチ五輪も始まります。
これ以上政治的問題がデカくならなければ、多分始まるハズです。
(この問題もメンドクサイが、とりあえず置いとく)

近年の冬季五輪は「雪を運ぶ」って話題が多い。
競技場付近が雪不足で競技を行えないって状態ですね。

元山男としては胸が痛むニュースです。
おっちゃん働いてたゲレンデは今んトコだいじょぶそうですが。

リアルにね、
この先50年とか100年経ったら雪上スポーツが無くなるんじゃないかって不安がある。
雪が無くなったらスポーツもなにもないわけですから。


東京五輪もどうですかね?
夏季の東京でマラソンとかね、イメージ的には不可能です。
ぶっちゃけ東京の環境を知られたら最後、海外の選手はボイコットもあるかと。

IOCが存在する以上開催時期の見直しはなさそうです。
となれば東北や北海道でマラソンっつうのが現実的。東北で良いと思うな!

東京に拘ったら危ない。
平和の象徴、健康の象徴であるスポーツで死人とかシャレにならん。



いつまでスポーツを楽しめる環境を維持できるんだろ?
この先ハリケーンで競技場が破壊とか、NFLセインツのホームドームがそうでしたが、
そゆこと含めて環境問題がスポーツをジワジワ侵食してきてます。

上記の全豪のニュースもよくよく読むとエラいこと書いてます。
16日の最高気温が44度、17日が42度、18日は20度台の予想とか。
以前「極端な気候」について記事にしましたが、まあ極端な気温差です(;・∀・)


とはいえ環境問題に対しては地道な努力を続けるしかない。
政治がダメだと鬱になってる暇もなく、個人個人がやるしかない。

それとは別の問題として、
スポーツに置ける環境を関係者は真剣に検討すべき時期に来てると思う。
NFLの取り組みは練習に至るまで細かく休憩などを設定してます。

モンスターみたいなプロアスリート集団ですら守られねば危険な状況です。
しつこいようですが、知識も肉体も未熟な学生さんを守るのは大人の使命だ。

高校球児から体育の授業まで。
ホントしつこいようですが、スポーツってのは基本健康的なもんです。
危険を犯してまでやるもんじゃない。安全を確保した上でお願いしたいもんだ。

体育会系の意味を履き違えてはイカン。
気力の限界を超えるのはスゲーことですが、肉体的安全エリアを超えるのはバカだ。



ハードやソフトの問題に加えて、
気候なんかを含めた環境面も、スポーツをやる上で考えなきゃいけない時代だと思います。

スポーツ観るのもやるのも好きな人間として、
スポーツを愛する者として強く思います。


安全第一!( ゚д゚ )クワッ!!

 進撃のメンドクサイ話
2013年12月31日 (火) | 編集 |
「進撃の~」って付ければ良いってもんでもないんですが、
なんにでも合ってしまうから怖い(笑) 「進撃の魔王さま」とか(笑)

今年最後の記事はメンドクサイ話です。
メンドクサイオッサンのメンドクサイ話に付き合う暇と余裕のある方だけどうぞw



『進撃の巨人』観てます。
MXさんで一挙放送中。中盤過ぎた辺りかな?

謎の生物「巨人」が現れ、人類は絶滅の危機に瀕する。
巨人たちを駆逐し、人類は生き延びることができるか?みたいなストーリー。

巨人はドコから現れたのか?など謎も多い。
謎を追いつつエレンたちのサバイバルにハラハラするのが見どころかしらね♪

※ちなみにおっちゃん原作が話題になった頃マンガ読みました。
グロい描写にドン引きして断念し、アニメ最初のオンエアも1話で断念した(笑)
2度目のアニメ挑戦にしてようやくマトモに観ることが出来てます。心臓弱い方は注意!


巨人の家畜の如く生きるしかない人類の理不尽さ、
親しい人が次々亡くなる理不尽さが序盤は強調される。

中盤になってからは人間同士のドラマ。
巨人に相対するには人類が1つにならんといかんのですが、人それぞれ利害もあったり。

司令官はエレンに問い掛ける。
「人類は1つになれるかな?」
エレンの答えは「NO」でした。

この期に及んで1つにまとまれない人類に諦めの表情を浮かべる若者エレン。
オジサン的にはスゴく悲しいシーンでした。



ウソかホントか知りませんが、
環境破壊の影響で地球はいずれ人の住めない星になる、と言われて久しい。

お金や土地を持ってても無駄です。
人類が生存することを星が拒めば全てがオシマイです。
スペースコロニーさえ出来れば・・・・・!とかガンダムファンは考えますが(笑)


そんじゃこれを機会に人類が1つにまとまったか?っつうとそうでもない。
その手の国際会議では国益というものに振り回される各国の姿が目立つ。

国も大事です。〇〇人という心持ちは素敵です。
けどその前に地球人だったり人類だったりすんじゃねーかなーとか思ったり。

CO2削減目標に同意するからコッチの問題なんとかしてくれる?
こんな駆け引きも存在するとか聞きます。

目の前に危機が迫ってると感じてないからノンキなのかな~とも思うけど、
進撃を観ると目の前に危機が迫ってても今と変わんねーかな~とも思う。

オジサンたちオバサンたちが利害関係で揉めてるのを若者たちは見てる。
エレンのようにクールな眼差しで、諦めの眼差しで見つめてるかもしれない。
とか思うと申し訳ない気持ちと恥ずかしい気持ちでいっぱいですごめんなさい。



進撃の巨人では調査兵団なるものが存在する。
巨人たちの生態調査を目的とし、いずれ人類が巨人に勝つためのデータを収集する(らしい)。
(らしい)と書いたのは話がまだ途中だから(笑) まだ全貌が明らかになってないのよww

現実世界でも調査兵団は存在する。
データを取って予測して人類に警笛を鳴らす機関は多い。

彼らは英雄なのか?
ホラ吹きハッタリ野郎なのか?

ココが未だにハッキリしない。
「煙草はホントに体に悪いの!?」っつって禁煙できないのと似てる(笑)


進撃の世界でも物語開始直後の調査兵団は世間から白い目で見られてた。
(TVアニメの)中盤となった今では英雄と目されたりもしてる(らしい)。

実際コトが起これば変わる部分もあるでしょう。
ハッキリした時点で世界を見る目が変わる人も多いでしょう。

ただこの期に及んでも変われない人が居るかもしれない、っつうのは怖い。
何に執着してんだかもすでに分からない人々。ただただ価値観を変えることを拒む人々。


巨人や環境破壊より怖いのはコッチかもしれない。
おっちゃんも気をつけたいですね。頑固な人間にはなりたくない。

環境問題なんてありませんよ~\(^o^)/
とか信頼できる情報が出てきたときに、「いや!そんなハズはねー!」なんて頑な発想してちゃ若者たちに笑われます(笑)

持論や価値観を曲げるっつうのは柔軟ってことです。
「やわらかあたま」ですね♪

政治の世界でコレをやれとは言わない。
己の職を守るのに、勝ち取るのに必死でしょうから。

けど巨人や環境の問題は政治じゃない。
柔軟な発想で、正しいモノの見方で、曇りなき眼で見つめたいものです。


エレンたち若者が見てます。
おっちゃんら世代から上の人間はそのことだけは忘れちゃイカン。

リヴァイ兵長に冷めた目で見下されるのは気分悪いですから(笑)

 メンドクサイ話 2013夏の終わり
2013年10月12日 (土) | 編集 |
メンドクサイ話です。
時間的精神的余裕のある方だけどうぞ。


夏も終わったし・・・・と、記事書こうと思ったら、

昨日東京都心で真夏日を観測。10月中旬に31.3度ですって。
当然新記録であり、前回の記録は98年前になるそうな。100年ぶりです(;・∀・)
8月時点で「今年は11月も残暑だ!」などと適当な予想したおっちゃんですが、満更外れてもいなかったようだ(;´∀`)


数日前のニュースになりますが、北海道のお米がコシヒカリを出荷額で抜いたとか。
5年以上前だと思うけど、明石家さんまさんがTVで「今は北海道の米が1番ウマい!」って仰ってました。

温暖化で作物の生育に適した土地がどんどん北上してるわけですね。
関東が産地として有名だった作物は東北に、東北が産地として有名だった作物は北海道に、愛媛でみかんが収穫できるのは果たしていつまでか?
10年後には日本でオイシイお米が作れないとか困ります。
白米大好きだし!!( ;゚皿゚)ノシΣバンバン!!


今年の夏も熱中症で亡くなられた方多数。
おっちゃん通ってる調剤薬局に水の宣伝ポスターが貼ってありまして、熱中症で倒れた経験のある所ジョージさんが写ってます。
キャッチコピーは「まさか自分が・・・・」です。その通り。

自分の不注意ならともかく、
相変わらず学生さんが指導者の不適切な指示で熱中症になった、なんて話聞きます。
これだけ社会問題になってるんですが、なぜか無くならないこの手のニュース。

現実的な危機感がナイんですかね~?
毎年多くの人が死んでるんです。戦争だったり流行病と同じなんですけどね。
グランド走る以外のメニュー思いつかないもんかね?勉強不足で業務上過失致死ではシャレになりません。
この先無限の可能性を秘めた若者たちなんです。総理大臣だってオリンピックメダリストだって彼ら彼女らの中から現れるんです。

イジメや体罰の問題は騒ぐのに、こちらの問題はそうでもない。
毎年起きてる事故なのにね。環境問題じゃない、ヒューマンエラーです。



・・・・・って話はここ数年散々言われ続けてきた話ですが、
今年は新たな話も持ち上がってきてます。

急激な変化です。
徐々に星が蝕まれていくわけではなく、一気に牙をむく感じです。

雷はもはや夏の風物詩と化してます。
落雷で亡くなられる方も世界中で大勢いらっしゃる。

そして竜巻。
おっちゃん家の近所で起きました。
動画片っ端から観ましたけど映画ツイスターそのまんまでした。
目撃した人の多くは「火事かと思った」と語る。地面から黒煙が上がってるように見えるらしいです。



そんな中、
9月27日、国連が世界各国・地域の環境政策の前提となる報告書を6年ぶりに公表。
なんで6年も間が空いちゃうんでしょ?いろいろ集計が大変なんですかね?(;・∀・)

この報告書の中で『極端な気象』が頻発してると警告してます。
熱波や豪雨や竜巻なんかを指してるそうです。実感ありますね。

ついでに気温予測は今世紀末で4.8度上がるらしい。海面は82cm上昇。
最高気温45度なんて時代が来るんだって。ウソかホントは知りませんよ。

更についでで、国際的な温暖化対策の交渉はサッパリ進んでないとも。
報告書で危機感を促し、早く交渉進めろや!っつうのが目的になるんでしょうか?


とりあえず今回の報告書では、温暖化への懐疑的な見方を全否定してます。
干ばつ、猛暑、洪水、豪雨などなど、全ては温暖化に起因してると断じてます。

ウソかホントかおっちゃんは知りませんよ。ただ国連はそう言ってます。国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)はそう言ってます。

他では温暖化の原因が人間活動にある確率95%とも。
ほぼ確実に人間のせいで温暖化が起きてるって言ってるわけですね。
ウソかホントか(以下略)


6年ぶりの報告書だったわりには、
当日1,3面割いて伝えた日経もその後は音沙汰無し。
世間で議論されたって話も聞きません。まあそんなもんか。



前向きな記事にしたいので善後策も考えますが、
結局やれること限られてますし、やれることだけやっときゃいいとも思います。

火力発電で温暖化か?原発でメルトダウンか?って議論の前に、
消費電力を抑える工夫をすればいいとかね。無理のない範囲で。

何度も書いてるけどさ、
暑いのにエアコン我慢して熱中症とかアホだから(笑)
それよりコマメに電気や水を止めたり、使ってない家電の電源落とすだけで良いんですw
どっからどー見ても「それ誰も得しないじゃん!」ってことだけヤメればいい。誰も居ない部屋の明かりが点きっぱなしとか誰も観てないTVが点きっぱなしとか。

買い物行ってエコバッグ忘れて、忙しい方なら仕方ないッスよ。
暇で余裕のあるおっちゃんみたいな人間は1度家に取りに帰ればいい(笑) いや、ダイエットにもなるからむしろありがたい!

相変わらずスーパーで「袋要りません」って伝えても、お会計終わりで無意識にレジ袋を用意するレジ係りの人たくさん居ます。「いや、要りません・・・・」って2度言わなきゃならないこちらがなんだか申し訳ない気持ちになるのはなぜだろう?(笑)
これは店員さんがレジ袋を出すことに慣れてるわけでして、逆を言えばエコバッグを持ってくる人がまだまだ少ない証明にもなります。


身の丈に合った努力をしたいとこです。
それくらいしか出来ませんし、意外とそれくらいが出来てない人も多いです。

まだまだ出来ることがあるってことでして、
伸びしろがある以上、そんなに悲観する必要もないかな~って。
「もうこれ以上出来ることありません!」ってなったらいよいよだけど。


それと次々と新たな災害が現れます。
これから先どんどん増えていくことでしょう。
見たことない台風とかね、リアルに今月来ても不思議じゃないです。

そういった新しい脅威に対する対策だけは覚えときたいですね。
先日の近所での竜巻では保育園の先生が園児を窓から遠ざけてました。
小学校だか中学校では副校長が校内放送で窓から離れるよう注意喚起してたとか。

見事に校舎の窓ガラスがガッシャンガッシャン割れてましたよ。
保育園の先生も副校長先生もスゲーナイスな判断です!!マジ尊敬!!


熱中症なら水分補給とか、竜巻なら窓から離れるとか、
こういった知識を得ることも「出来ること」ですね♪



今後よく耳にすることになるであろう『極端な気象』
起こさない工夫と起きたときの対応、どちらも必要になってきます。
無理のない範囲で、お時間あるときにでも、考えてみるのもよろしいのではないかと♪

 介入
2013年08月31日 (土) | 編集 |
なるべくボカして書きます。
怖い人に検索HITされても困るので(笑)


シ○アに対して某大国が軍事介入しそうです。
地上軍は派遣せず、長距離ミサイルで警告する展開が予想されるとか。

昨日の話題だと英国は議会で否決されたらしい。
日本はどーすんでしょね?イ○クのときライオンヘアーの人は即支持したけど。



賛成反対は一概に言えない問題だと思う。
戦争反対と叫ぶのは簡単ですし、おっちゃんも出来れば叫びたい。


ただ対象国の内治が外から見てても穏やかじゃない場合がある。
イ○クも問題あったろうけど、アジアにだって問題のある国は今もある。
国民が食べ物もなく飢えてるのに派手なお金の遣い方するとかね、内戦なんてヒドい状況もありますが、これだって充分危険水域だと思います。
ユーラシアの北のほうに陣取ってる大国のジャーナリズムなんか見てると放っといていいもんか微妙だな~と感じますし。

あくまでも治める側の話ね。治められる側は良い人たちです。
国や国民をキライになっちゃダメですね♪ 分けて考えましょう!



傍から見ててマズい政府が存在したとして、だ。
今の世の中外部からどーにかする手立てがナイのが現実です。

国連が機能するしないと議論したとこで、たとえ世界が1つになって国連が機敏に機能したとしても、今回のシ○アの問題がどーにか出来たか?っつうとムズいと思う。
いくら世界が1つになって注意警告したトコで、なんの反応もしない国家首脳なんて過去いくらでも見てきた。


介入の手段は様々だけどね。
経済制裁は何度か有効な結果を出してると思う。

経済的に苦しめて、国民が更に貧しくなり、いよいよ今の政府じゃダメだと思い、外部からの圧力じゃ変化は訪れないと知り、内部から破壊する。デモや選挙で。

パッと見理想的にも見えるけど、国民は貧しい時期を長く過ごすことになる。
治安も悪化するでしょうからリアルな身の危険も増えることになるでしょう。

国民は頑張ったって話になるかもしれんけど、じゃあ外側の国々は何やった?と考えると、結局当該国の国民頼みって感じてしまう部分もある。「立てよ国民!」です。

エジプトだって無血革命しましたが今はご存知の状況。
外部から何かできることは?できたことは?と考えてしまう。



最終的な介入手段となると、軍事介入になる。

他国の国民が命の危機に晒されてるとか、大量破壊兵器の所有により近隣国や敵対国が危険と判断されるとか、介入基準は様々です。
様々ですが、明確な基準ではないのが現実。

国民が危険だと言ったところで、どこまで切羽詰った状態に陥れば軍事介入OKか?なんて判断は誰にもできない。神さまにだってできない。
凶悪なテロリストたちに兵器が渡ってしまう危険性だってドコまでを介入するラインと定めるかなんてアヤシイ基準です。そもそも所有の有無が判断できてないし。

誰にも判断できないから国連の議題に乗せる。
そこではそれぞれの思惑が重なり有益な判断ができない。

となると、
じゃあ介入するしないって誰が決めるの?と、なる。


仮に介入したとして、
それが正解だったかどうかは今生きてる人々が死んだ頃になっても判断できない。

仮に介入しなかったとして、
その間も国民が苦しんでる事実は変わらないわけで、見過ごす(無視する)ことになる。


堂々巡り。
このテーマに明確な解答なんてあるのかね?



地上軍を出さないってのも賛否ありそうです。
最近だと無人攻撃機の話題が目につきますが、攻撃国は血を流さず、防御国は被害多数。

これ戦争なの?って話でもある。
でも一言で殺人と片付けてしまうのもどうかと。

誰だって死にたくないですし、政治的な話抜きにしても指導者は自国民を死なせたくないでしょう。死者が増える地上軍を派兵しないという判断はよく分かる話です。
特に戦地で血を流す確率が低い国に住んでるだけに、より強く理解できる。


安全第一。
死なない程度には手助けをしたい。



スゲー言葉悪いですけど、誰もがそう思ってしまうのは仕方ないことかも。
戦場で人を殺してまでもシ○アをどーにかせねば!と思える人は少ないハズです。
いつ自分が、自分の大切な人が死んじゃうかも分からん状況に放り込まれるくらいなら、対象国の国民の方々には申し訳ないけど我慢して頂く他は・・・・と思っちゃうのもね。
おっちゃんなんか気が小さいので余計そう思います。心から申し訳ない。




諸々考えるとさ、
軍事介入の是非なんて誰にも発言する権利ないと思うのよね。
おっちゃんもこの問題ツイッターではつぶやけないな。なんとなく憚れる。

現場の国民や介入する側の兵隊さんたちだけよね、声を上げていいのは。
イ○クのときみたく、明らかにオカシイ介入だけは世界が声を揃えるべきだ。


答えは出ないけど、今も人が死んでるってのはシンドイ状況です。
311もそうだったけど、ニュース見て心痛めてる方々もいらっしゃるでしょう。

心を痛めることが唯一我々ができることなのかな?
愛情の反対は無関心と言います。こういった場合にも当て嵌まる言葉ですね。


世界に愛を
Love&Peace


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。